title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

昨日、久しぶりにスポーツ紙『日刊スポーツ』を買った。何も高校野球の決勝再試合の記事を読みたかったわけではない。もちろん、エッチな記事が読みたかったわけでもない! いつも持って出る通勤の友・文庫本を忘れたからである。ちなみに今は実家の本棚から失敬してきた『闇の傀儡師』藤沢周平著を読んでいる最中。話が佳境に入ってきたところだったので、通勤時間の読書を楽しみにしていた身としてはけっこう痛い忘れ物となってしまった。そこで仕方なく、W杯の時期に毎日買っていた『日刊スポーツ』を手にしたという次第である。ところが、これが功奏した。高校野球の記事を読み飛ばし、フットボールのページに差し掛かったときに、面白い連載を発見したのだ。そこには小学生の練習にも応用できるメニューとしてオシムの練習方法が紹介されていた。

ルールはいたって簡単。適当な大きさのグリッドを仕切り、その中で4対1のボール回しを行うというもの。イメージとしては以下の図1のようになる。
*◎がボールを回す側、○がそれを取りに行く側

          図1
             ◎            ◎


                    ○


             ◎            ◎


グリッドの頂点に4人が位置し、彼らが回すボールを1人のオニが取りに行くというものである。普通の4対1のボール回しなら、何と言うこともない。小学生レベルでもあまりボールを取られずに楽に回すことができるであろう。ところがここからがオシムの違うところ。このボール回しに、1.ボールを回す側は対角線上の味方にはパスできない。2.一度に2つのボールを使う。という約束事を設けてある。これがどういうことになるのか…。ボールを回す側は、図2のように常に2つのボール(● 印)を対角線上にキープしないとボールボールが回らないのである。

          図2
             ◎ →           ◎
             ↓ ●

                    ○

                           ● ↑
             ◎           ← ◎

図2の場合、ボールをキープしているプレーヤーには、対角線上のプレーヤーを除く2つのパスコースがあることが分かる。ところが、これが隣り合うプレーヤーでボールをキープした場合(図3)には、それぞれのプレーヤーのパスコースは1方向に限定されてしまうことになる。こうなるとボールを取りに行く側はたやすくボールを奪うことができる。

          図3
             ◎ →     ×    ← ◎
             ↓ ●           ● ↓

                     ○


             ◎               ◎


つまり、ボールを回す側は、ボールとオニ、味方を同時に視野に入れ、常に次のプレーを意識しながら、頭を使ってボールが常に対角線上に来るようにパス回しを行わなければいけないことになる。もちろん、技術的には小学生レベルでも十分に対応できるものである。でありながら、フットボールにおいて不可欠な、ボールと味方、敵のプレーヤーを同時に視野に入れてプレーすること、先、または先の先を読んでプレーすること、アイコンタクトや声をかけることでプレーヤー相互の意思の疎通を図るといった行為を要求されることとなる。なるほど、ね…。至極シンプルなのに、実によく考えられたメニューだと改めて感心。早速我がチームの練習にも取り入れてみようと思う。

『日刊スポーツ』では、これから数回にわたって、オシムの練習メニューの中から、こうした小学生レベルでも応用できるものを取り上げて、紹介していく予定らしい。W杯の時期に続き、またしばらく『日刊スポーツ』を買い続けることになりそうだ。え、今日? もちろん買いましたとも、はい。今日、紹介されていたのは、オシムの練習の独創性の象徴のように喧伝されている5色のビブスを使ったパス回しだった。これを我がチームの練習にいきなり取り入れるとなると、最初はかなりの混乱をきたしそうである。ビブスの色を3色に減らすなどのアレンジメントで、難易度を下げる方法を考えてみたいと思う。





Feeded by morning star
【2006/08/23 15:12 】 Kids & Kids' Football | コメント(6) | トラックバック(0) |

本を忘れたおかげでオシム氏の記事に出会った。
忘れ物も時には悪くないですね。

こういう練習は動体視力?とか視界が180度とかある
選手は有利そうですが(単純)一瞬の判断力や瞬発力も要求される。
オシム氏の練習を子供達にも体験できるなんて
なんだかすごいことみたいに感じます。
子供達も張り切りそうですね。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2006/08/23 16:33】[ 編集 ]

ともちゃんへ

私がフットボールを始めたころに比べると、
練習や身体のケアに関する理論や実践方法は格段に進化しています。
その中にあってなお、先進の指導者は
独創的でより効果的な練習方法を編み出しています。
子供のレベルを超えた練習は百害あって一利なしですが、
この練習のように小学生でも役に立ちそうなものは
子供たちの技量と相談しながら積極的に取り入れていこうと思っています。
まだまだ新米なので、コーチも日々勉強です。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/08/23 17:04】[ 編集 ]

初めてきました。

練習メニューとしても大変面白いのですが、
僕は単純に、一度に2個のボールを使った試合が見たいです。

双方同時のゴールキックでキックオフ。
どちらのボールに何人かけようが勝手。
オフサイドの見極めが相当難しそうですが。
このルールでワールドクラスのチーム同士が
やってくれないかなあ。

Returned by ピッチャー江草 #-|URL|
【2006/08/24 16:18】[ 編集 ]

mostaさん、どうも!

こういう記事、素人コーチには大変ありがたいです。
次の機会に早速取り入れるつもりです(笑)

最近の練習テーマが、「同時に」なんです。
もう1人のパサーと、ディフェンスを意識しながらのプレイは、ばっちり、テーマに合致です。

良い練習の紹介、感謝します!

Returned by にわかコーチ #7Vwe54W6|URL|
【2006/08/25 01:39】[ 編集 ]

ピッチャー江草さんへ

いらっしゃいませ!

練習ではゴールを2つずつ、計4つ設けて
ミニゲームをすることはあります。
一方のゴール前がつまっていたら、
逆サイドのゴール前に展開する。
つまりサイドチェンジの練習です。
ボールを奪ったときにどちらのゴールを狙っていくのか
それをどう阻止するかという
攻守の切り替えの際の判断力のUPにも繋がります。

2個のボールを使った試合はやったことがありませんね。
今度試しにやってみましょうか(笑)。
どんな現象が現れ、どんな練習効果(弊害?)が出てくるのか
ちょっと想像がつきません。
一番大変なのは間違いなく主審でしょうね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/08/25 13:07】[ 編集 ]

にわかコーチさんへ

早速、今週末の練習で取り入れてみるつもりです。
果たしてうちの子供たちがどの程度こなせるのか…。
にわかコーチさんのところでもぜひ取り入れてみて、
またご報告ください。

「同時に」ということがテーマであれば、
一番簡単な練習方法はお互いにボールを持った選手が向かい合い、
パスを出し合うというのがあります。
ほぼ同時にパスをしなければ繋がりませんし、
相手のどちら側の足にボールをつけるかという意思の疎通もなければ、
二人の間でボールがぶつかってしまいます。
低学年であれば、ボールを手に持って
投げ合うのでもいいかと思います。
お試しください。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/08/25 13:13】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/92-0ff07b35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。