title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

アンタがもしブラジル代表監督だったら、ひょっとしたら名伯楽と言われるようになっていたかもしれないね。個々のタレントを最大限に生かし、それを融合させることで奏でられるクリエイティヴなフットボール。決してモダンなやり方とは言えないけれど、アンタが目指したフットボールには夢を見させてもらった。

初めて日本代表の指揮を取ったジャマイカ戦。アンタはなんと、ヒデ、俊輔、稲本、小野を同時にピッチに送り込んだね。黄金世代と呼ばれる中でも突出したあの4人のタレントの融合を試みたはじめての監督だった。今、アンタを批判する輩も、あのときは快哉を叫んだはずだ。

日本フットボールの最大の特長である豊富な中盤のタレントを生かそうとするそのやり方に、アンタが、ソクラテス、ファルカン、トニーニョ・セレーゾと一緒に形成した「黄金のカルテット」を重ねて見ていた者も多かったはずだ。世界中の人々を魅了した’82年 スペイン大会のブラジル代表チーム。あのときのアンタも勝てなかったけれど、勝てなかったということであの「夢のチーム」の魅力が減じられるものではない。最もリアリズムな世界であるW杯という舞台の上で、アンタが率いる日本代表がファンタジックな輝きを放つのを夢見ていたんだ、ほんとに。

アンタの頑迷さにほとほとあきれたこともあったけど、俺はアンタのフットボールに最後まで付き合ったよ。 Obrigado, Zico. Tchau !



Feeded by morning star
【2006/06/23 15:12 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/64-511a2652

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。