title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

小田原まで自転車で出掛けて行った日。帰りは、輪行するつもりで、輪行袋をはじめ諸々の用意をしていった。輪行とは、自転車をパッキングして他の交通機関で運ぶこと。つまりは自分で自転車をこがずともドラクエのルーラのようにビューンと一足飛びに移動ができるのだ。

小田原駅構内に入る前に、人通りの少ないスペースを見つけて輪行の用意を始める。ブレーキとリムの固定を解除して、前・後輪を外す。あっという間である。外した前・後輪はベルトでフレームに固定する。

買ったばかりの輪行袋を地面に広げ、自転車をセットし、輪行袋のチャックを閉める。…と、閉まらない。どうやってもスタンド部分がはみ出してしまうのだ。普通ロードバイクにはスタンドなんてついていないし、輪行袋はそんな余分な存在のことなんて考慮していない。ところが俺が乗っているクロスバイクはスタンド付き。盲点だった。各鉄道会社の輪行規定では、自転車を専用の袋に入れて完全に包むことと定められている。たとえスタンド部分だけであろうとアウト!なのだ。

それから輪行袋と格闘した10数分は、結局どうあがいても納めきれないと確認するだけの無意味な時間だった。仕方がないので、スタンドを外して収納しようと携帯工具セットを探す。が、ない!!サドルバッグに入っているものと信じ込んでいたのだが、見当たらない。地面に持ち物すべてをぶちまけて探してみたが、やはりない。バッグから出した記憶はないのだが…。

「仕方がないから、自走して帰るか…」。いやいや、ハナから帰りは輪行のつもりでいたので、いまさらそんなこと言われても、とてもじゃないがその気になれない。「近くの自転車を探して道具を借りるか…」。それも億劫だし、面倒だし。しばし、呆然と立ち尽くす。

輪行2
結局は、フロントフォークの保護用に持ってきていた、100均で買ったニットの椅子脚カバーをはみ出したスタンド部分にかぶせてこの事態を凌ぐことに。右側に尻尾のように出ている白黒の縞模様の部分がそれだ。これでも輪行規定には即していない。あとは駅員さんが見逃してくれるかどうかだ。ダメといわれれば、もう一度自転車を組み立ててサイクルショップを探して、スタンドを外すしかない。

結局は、改札を抜けるときも、ホームで駅員に停車駅を確認したときも、車内の車掌巡回の時も、おとがめなし。利用客が少ない時間帯だったので、お目こぼしにあずかったのだろうか。幸い小田原から町田まで、俺が乗り込んだ電車の最後尾車両の席は、半分も埋まることはなかった。

無事町田に到着して、自転車を組み立て、再び自走して帰宅。はじめて輪行するならば、当たり前のことだが、事前に一度は輪行袋への収納を予行しておくべきだった。というわけで、はじめての輪行は自らの不備、不手際のせいで「違法」だった。「違法」ではないが「不適切」だったアイツよりダメじゃん、俺。

小田原 2016..6.11(SUN)





Feeded by morning star
【2016/06/20 22:21 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/451-a23ee4c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。