title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

今朝早く、あれは6時ごろだっただろうか。玄関の鍵を開ける音がする。どうやら息子が帰ってきたようだ。少しの間、トイレにこもって出てこない。どうやら軽く嘔吐しているようだ。トイレから出てきた息子をつかまえて、様子を見てみる。ひどく眠そうではあるが、泥酔しているようではない。聞くと、朝方まで呑んで、酔っぱらった友人を家まで送ってから歩いて帰ってきたとのこと。この寒い中を、ずいぶんとお人よしだこと。まあ、友人も自分も無事なら、いいか。

今年、うちの息子もめでたく成人式を迎えた。中学のサッカー部の仲間たちと待ち合わせて式場に赴き、夕方からは中学校の同窓会にも出席するという。よほど楽しみだったのか、昨日は早起きが苦手な彼にしては珍しく、朝早くから妙にテンションが高かった。サッカー部の連中とは何かにつけ逢っているはずなのだが、それでも友人と顔を合わせるのはうれしいのだろう。若い時分は、こういう高揚感がアルコールと一緒になって、時として大きな事件を引き起こす、変な酔っ払いの新成人に絡まれないように、そして自らもハメを外さぬよう忠告して家を送り出した。

案の定、横浜市の式典では、一部の新成人が制止を 振り切って壇上にあがり式を一時中断させるというトラブルがあったらしい。和歌山では新成人同士のトラブルで、1人が意識不明の重体に陥る事件も起きている。幸い、息子たちはそうしたトラブルに巻き込まれることもなく、横浜アリーナから地元の街へ戻り、同窓会、二次会、三次会…と流れ込んだようだ。少々呑み過ぎたようではあるが、たくさんの仲間たちと最低限の節度は保ってはしゃいできたようだ。

うちには息子が生まれた年のヴィンテージワインがある。長期熟成タイプのボルドーは、ブドウの収穫から3年ほどたってから市場に出回るようになる。ちょうどそのころに購入して、発泡スチロールの箱に入れクローゼットの奥で寝かせておいたものである。昨年4月の二十歳の誕生日にあけるつもりでいたのだが、1滴も酒を呑んだことのない若造に、いきなり年代物のボルドーはいかがなものかと思い、今日まで来た。近いうちに、このワインをあけてもいいかなと思う。決してベストなコンディションで醸してきたものではないが、20年という月日は、ワインを、そして息子を、どのくらい大人にしているだろうか。




Feeded by morning star
【2016/01/12 21:18 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/438-fe14ae32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。