title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

昨日行われた総選挙は、公示前より4議席減らしたとはいえ、自民党圧勝といいう結果となった。対する野党は、民主党代表の海江田万里氏や、解党したみんなの党の元代表渡辺喜美氏などの大物議員が落選するなど、自民党に対する対抗勢力としての存在感のなさがそのまま結果となって表れた。

だが、ここで言っておきたいことがある。今回の、自民党の圧勝は、対抗勢力の中に選択肢がなかった結果であるということだ。52%という史上最低の投票率の低さがそれを如実に表している。対抗勢力がまっとうなビジョンを提示し、それを受けて投票率が60数%に及べば、これだけの圧勝はなかったに違いない。議席数通りに、国民の3分の2以上が自民党を選んだような物言いや振る舞いで、政策を推し進めていくようなことはあってはならない。

また、今回、自民党は確かに圧勝したが、くれぐれも自民党に投票した人のすべてが、憲法改正や原発推進にも賛成であるわけではないということを忘れないでほしい。アベノミクスを争点に圧勝し、その他の重要事項についても信任を得たという詭弁を押し付けるようなことはご免こうむりたい。

52%という低投票率は自民党に圧勝をもたらしたが、自民党が勝ったわけではない。日本の政治が負けたのだ。経済や憲法も大事だが、定数是正、信頼回復など、政治改革の推進にもしっかりと取り組んでほしい。現在の日本に、国民が政治に関心を抱き、国の将来に関する事案を健全に議論し、自分の考えを投票行動で示そうという環境がないということは、政治家の怠慢以外の何物でもない。



Feeded by morning star
【2014/12/15 22:46 】 Politics | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/385-b7564d6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。