title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

多摩湖自転車道を走った翌日は、前日に100km以上走った身体をほぐすのと、ランチのために、軽めのポタリングに出かけた。前日より日差しはあるのだが、気温がなかなか上がってこない。なるべく身体に負担をかけないように、のんびりポタリング。丸子川沿いを下り、丸子橋からは多摩川サイクリングロードをゆく。

多摩川河原
多摩川河川敷は、野球、サッカー、ゴルフと思い思いにスポーツを楽しむ人でにぎわっている。サイクリングロードも、自転車やジョガーでいっぱいだ。いったい何万人の人が多摩川河川敷に出ているのだろう。上流から下流、右岸と左岸を合わせると、相当な人数になるのは間違いない。

たまりば
六郷土手あたりまでいくと、こんな看板が。多摩River=たまりば(笑)。

大田区多摩川緑地管理事務所
たまりばは、大田区多摩川緑地管理事務所内にある。近くのグラウンドで野球を楽しんだおじさんたちが一杯やったりしている、その名の通りのたまりばだ。メニューも豊富で、価格もリーズナブル。だが、この日のお目当てのランチはここではない。六郷橋を渡って川崎側に渡り、しばらく走ったところにあるラーメン屋さんに向かう。

ラーメン屋らしき気配を全く感じさせずに、店は突如として出現した。電光掲示板に店名が掲示されてなければうっかり通り過ぎてしまうところだった。店内は、少し薄暗い。カウンターのみで、先客は家族連れ3人と30代作業員風が1人。店主と手伝いの女性の2人で切り盛りしている様子だ。店からは、旨いラーメンを食わせるオーラが感じられない。

澤田屋
塩ラーメンを注文する。届いたラーメンは黄金色に透き通ったスープに細麺。部位の異なる2種類の焼豚は炙ってある。メンマと九条ネギ、海苔がトッピングされている。シンプルで美しい。ラーメンからは旨いオーラがにじみ出ている。まずはスープを一口。うまい…。すごく丁寧に作られているのが分かる。品書きには、国産鶏2種や日高昆布、枕崎産本枯節など数種類におよぶ材料を使っていると記されていたが、スッキリきれいにまとまっていて、とんがったところがない。その分、ややパンチに欠けるきらいはあるが、非常に完成度が高いスープだ。計算されたバランスの上に成り立っていて、何かの味や香りが少しでも突出したら崩れてしまいそうな繊細さに満ちている。細めの麺は固めに茹でられており、食感がいい。スープとの相性も申し分ない。九州産の銘柄豚を使用しているという焼豚もしっとりと仕上がっていて、ラーメンの具の域を超え、ひとつの料理として十分旨い。九条ネギの香りと食感もスープの上品な味わいとよく合う。残りがだんだん少なくなっていくのを惜しみつつ、完食。スープをぐっと飲み干したいのをこらえるのが大変だった。お腹をスープで満たしては帰り道にこたえるし、塩分の取り過ぎもよろしくない。しかし、旨い一杯だった。こちら方面へのポタリングの楽しみが増えた。

この日も、風が強かった。途中から気温もぐんと下がってきた。ここへきて季節がはっきりと変わってきたのを感じた。涼やかで心地よかった風が、芯が入ってズンとくる重たさを感じさせるものに変わった。いずれこの風も、切れるような寒さを纏ってくるのだろう。両日とも半袖、短パンで走ったが、そんな格好で自転車に乗るのも今年は最後かもしれない。ひとつの季節の終わりと始まりを感じた2日間のポタリングだった。

川崎ラーメンポタ 2014.11.3(Mon)

走行距離:65.59km 走行時間:3時間49分 平均時速:17.1km/h



Feeded by morning star
【2014/11/07 22:01 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/379-f5bb6d19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。