title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

国分寺崖線というのがある。国分寺近辺から多摩川台公園あたりにかけて連続する河岸段丘で、武蔵野台地が多摩川に削り取られて形成されたものだ。段丘と低地の境目には、緑地や変化のある坂道、地下水が湧き出ている場所が多く存在する。そのうちのひとつ、国分寺近くにある真姿の池湧水群、お鷹の道を見に行こうかと計画していたところ、いつもの横丁の常連さんから「国分寺崖線のひとつ下層にあたる立川崖線でも湧水が織りなす美しい自然が見られる」との情報が。どうせならいっぺんにそのふたつを見てやろうと思い、ポタリングに出かけた。

いつものコースを使って登戸に出る。矢野口まで遡り、多摩川原橋を渡る。しばらく左岸を走り是政で府中街道に入る。

府中競馬場西口
府中競馬場正面口
途中、府中競馬場の横を抜ける。西門場外には飲食店が並び、予想紙を片手に朝酒をやっている人の姿も。昔は俺もこんなことやったこともあったなぁ。けれど、もうかれこれ15年近くも馬券は買ってない。何しろ、ちっとも当たらないもので(笑)。ついでなので正門にも回ってみる。まだ第一レースも始まっていないが、次々と競馬ファンが集まってくる。中にはハイヤーで乗り付ける人も。白のロングコートに中折れ帽。そのスジの方か…?案外、馬主なのかもしれない。

谷保天満宮
旧甲州街道を経由して、関東最古の天満宮であり、関東三大天神のひとつである、谷保天満宮に到着。

谷保天満宮参道
ふつうの神社では参道を登った先にお社があることが多いが、ここは参道を下る。この段差が立川崖線の一部にあたるのだろう。

谷保天満宮内湧水
境内に下りると、階段わきの崖から湧水が。これがこの日初めて見た湧水だが、この後幾多の湧水を目にすることになる。

谷保天満宮本宮ちょうど七五三の季節ということもあり、境内は多くの家族連れでにぎわっていた。俺も受験生の息子のためにお参りし、、お守りを買い求める。国分寺崖線巡りのポタリングに立川崖線も加えたのには、こんな目的もあったりする。

厳島神社
鯉
天満宮の裏門を出たところにも湧水が。湧水の中を鯉が気持ち良さそうに泳いでいる。

ハケ
天満宮から少し行くと、田んぼと畑が広がる、典型的な日本の田園風景が見える。その平地部と段丘の境目。向こう側の草の下から湧水が染み出しいて湧水路をつくっている。こうした崖のことをあたりの方言でママとかハケというらしい。

ママ下湧水
ママ下湧水公園。ママから湧水が湧き出でている。この湧水の左側の階段から降り来てきたおばちゃんが赤い蕪のようなものをこの湧水でじゃぶじゃぶと洗っていった。このあたりでは今も湧水は農業用水であり、生活用水であるのだろう。

矢川おんだし
湧水を集めて流れる矢川(右側)とママ下湧水からの流れ(左側)が、多摩川から取水した府中用水と合流する「矢川おんだし」。近くには水遊びやザリガニ釣りを楽しむ親子の姿も。水のある風景は心を癒してくれる。

足
この清らかさと冷たさが、心地いい!!

古民家
古民家内部
農機具
近くには古民家を保存した施設も。典型的な昔の農家の家屋だな。昭和40年代は父の実家もこんな感じで残っていた。

矢川緑地
近くの矢川緑地にも足を延ばしてみる。ここにも湧水が滾々とあふれている。公園として過度に手を入れてない感じがいい。

国分寺
立川崖線がつくり出す風景を楽しんだ後は、国分寺へと向かう。このあたりの地理に疎いので、何度もスマホで現在位置を確認しながら、ようやく到着。国分寺崖線下に位置する、このあたりにも湧水が多いらしい。

お鷹の道
お鷹の道2
お鷹の道3
国分寺崖線から流れ出た湧水が小川をつくり、その小川沿いに遊歩道が作られている。江戸時代、国分寺付近は尾張徳川家のお鷹場だったことから、この遊歩道をお鷹の道と呼ぶらしい。民家の間を縫うような細い遊歩道で、夏にはホタルの姿も楽しめるという。

真姿の池湧水群
お鷹の道へと連なる、真姿の池からの流れ。

真姿の池
鯉2
真姿の池。湧水の中に祠が祀られている。ここにも鯉の群れが。

国分寺崖線
この急な崖の下からも湧水が湧き出している。このあたりは写真やスケッチを楽しんむ人の姿が多い。ノートや地図を片手に自然観察を楽しんでいるグループもいる。「お鷹の道・真姿の池湧水群」は、環境庁の「全国名水百選」に選定されているそうなので、案外、人気の散策コースとなっているのかもしれない。

ここからは野川沿いを下ることにする。野川は日立製作所中央研究所敷地内の「大池」と真姿の池を源流に、国分寺崖線からの湧水を集めて流れる。野川沿いを走るということは、国分寺崖線下の谷間を崖線をなぞるように走ることになる。

野川
水車
水道管
野川沿いの歩行者・自転車専用道路は、サイクリングロードとしては道幅は狭く、幹線道路でコースが寸断されているところも多く、あまり走りやすいとはいえない。ところどころにモニュメントがあったりするが、武蔵野公園や野川公園以外に見どころという見どころもない。ただただ、崖線の高台を左側に感じながら走る。

調布飛行場
野川すぐ近くの調布飛行場で気分転換。小さいけれど搭乗口や到着口もあり、一応「空港」の態をなしている。写っているのは駐機エリア。飛行場の向こうには、味の素スタジアムが見える。

二子玉川
二子玉川付近で多摩川と合流。この後、丸子川沿いを丸子橋まで走り、さらに国分寺崖線をなぞり続ける。これで、国分寺から多摩川台公園まで、国分寺崖線をほぼ走り切ったことになる。崖が開発を妨げているせいか、国分寺崖線周辺は都会の割に自然が多く残されていた。

丸子橋を渡って、日吉、綱島を抜け、久しぶりに鶴見川SR経由で家にたどり着く。気が付けば100km近く走っていた。心地よい疲労感が体中に広がる。おかげで夕飯がうまかった。

国分寺崖線 2014.10.26(Sun)

走行距離:97.36km 走行時間:5時間35分 平均時速:17.4km/h



Feeded by morning star
【2014/10/27 22:12 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/377-50ec3bc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。