title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

先週末、久しぶりに長岡大花火を見てきた。家人の実家がある長岡には、毎年のようにお邪魔しているのだが、花火の時期に帰省できたのは数年ぶり。たまに大花火のある日に帰省していても、近くの小学校からの鑑賞で済ませることが多かった。

毎年8月2日、3日に開催される大花火だが、今年はちょうど土日と重なることもあり、日程調整がしやすかった。加えて、新潟県中越地震の翌年にスタートした復興祈願花火「フェニックス」が10回目を迎え、いつもの5割増約2、000発の構成になるというので、今回は花火が打ち上げられる信濃川河川敷まで出かけて見ることにした。河川敷で大花火を見るのは、十数年ぶりのことだった。

久々に間近で見る花火の迫力は、やっぱりすごい!空一面に花火がはじけ、大音響がボディソニックとなって胸板を揺さぶる。ナイヤガラや大スターマイン、超大型スターマイン、三尺玉などで構成されるプログラムは圧巻だったが、なかでも目玉のひとつである「フェニックス」は格別だった。平原絢香の「ジュピター」が流れる中、5分間にわたって繰り広げられた光と音の一大ページェントに圧倒された。やはり、花火は近くで見るものだと改めて実感。山下清も、このライブ感にやられたんだろうな。

俺にはかの放浪画家のような驚異的な映像記憶力はないので、スマホに花火の動画を収めようしたのだが、間違えてカメラモードになっていたようで、動画の録画開始とストップのつもりで、花火の打ち上げ前と終わった後の写真がいっぱい撮れていた。



Feeded by morning star
【2014/08/04 22:06 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/361-b7d235d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。