title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

土曜日にサッカーの練習が入っている以外は予定がなかったので、三連休の中日は江の島へのポタリングを楽しむことにした。午後には雨が降るかもしれないとの予報だったが、なんとか持ちそうな気配。まずは246から瀬谷入口を左折して、県道401号に入る。

かまくらみち
この道は「かまくらみち」と呼ばれ、先は戸塚・鎌倉まで通じている。写真は中屋敷交差点付近。地名や風景に、昔の街道の面影が感じられる。瀬谷中学前を右折して、今度は県道18号に。

自転車専用レーン
和泉坂上を過ぎたあたりから、車道の端に青く塗装された自転車専用レーンが現れる。レーンにはご丁寧に「自転車専用」の文字が浮かぶ。ところがこれがいただけない。文字の上を走ると、塗装の凸凹を拾って自転車が激しく振動する。走りにくいったらありゃしない。おまけにこれが、30mぐらいの間隔で出てくるのだからたまったもんではない。思わずレーンを外れて走りたくなるような自転車専用レーンって意味がないなぁ。自転車専用レーンが途切れる赤坂橋交差点で県道18号を外れ、境川遊水地公園へ。

境川遊水地情報センター
境川遊水地情報センターロビー
境川遊水地にある情報センターには空調の効いたロビーやシャワー施設などもあり、境川サイクリングロードを利用する人たちの待ち合わせ場所や休憩場所としても重宝されている。俺もここでひと休み。

境川遊水地イベント
イベント告知
この日は、遊水地に棲む水生生物の採集と観察のイベントが開催されていた。

境川遊水地
遊水地にはビオトープや野球場が設けられており、いざというときにはここへ水を引き込んで水没させて洪水を未然に防ぐ仕組みになっているようだ。ここからは境川CRを下り、遊行寺橋から国道467号を走って江の島に向かう。

江ノ電最中お店
途中、江ノ電最中で有名なお菓子屋さんに寄り道。店の脇には現役を引退した江ノ電の車両が。中ではおばさんが最中の餡をつめていた。単なるオブジェではなく、れっきとした作業場なのだ。エネルギー補給用に抹茶味の最中をひとつ。お店のおばちゃんは、たった1個の注文でも愛想よく応じてくれる。130円也。「自転車なの?暑いから気を付けてね。家族の皆さんもいらっしゃるんだろうし」。温かい言葉と笑顔、プライスレス。

江の島
家を出て2時間足らずで、江の島に到着。三連休だけあってにぎわっている。

江の島人
人も。

江の島車
車も。

ヨットハーバー
ヨットも。

江ノ電最中
江の島ヨットハーバーのクラブハウスでしばし休憩。ここでさっき買った江ノ電最中をいただく。

看板1
看板2
ちょうど食事時となったが、どこも混んでいるうえに、いい値段を取られる。いくら新鮮な魚介だとはいえ、それを観光地値段で提供するというのでは、ちっともありがたくない。

というわけで、藤沢市街まで戻って食事することに。海鮮入りかき揚げやシラス入りだし巻玉子、天然ブリカマ塩焼、カレイ煮付、地上がりの真いわしのタタキ、大判のさつまあげなど、20近いメニューの中から、好きな二品を選んでランチにできるお店に入る。メニューは、その日の仕入れによって変わるらしい。
刺し盛り
俺が選んだのは、刺身盛り合わせと

天ぷら盛合せ
天ぷら盛り合わせ。

定食
で、こうなる。これでたったの1,000円。しかも、税込み!味も申し分ない。魚にこだわりがあるらしく、刺身の質が高い。とりわけ、さわらとカジキは秀逸だった。アオサの味噌汁もうまい。江の島でこの質とボリュームなら、軽くこの倍は取られるな。

食事後、すっかり食べ過ぎてしまったおなかを持て余しながら、腹ごなしに藤沢市街をほっつき歩く。そこには、なかなか面白い風景があった。長くなるので、それはまた次の機会に。



Feeded by morning star
【2014/07/22 22:45 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/357-da407f14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。