title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

いやはや。7-1というスコアは野球でも大差だろう。少年サッカーでは時々見られる点差だが、それでも両チームの間にそれなりの力の差がないと、こういう点差にはならない。開幕戦を見た時から、今大会のブラジルからはかつてのしたたかさが感じられず、優勝を決める試合までたどり着けないのではないかと思っていたが、ネイマール、チアゴ・シウバというチームの攻守の柱を欠いたこの試合は、その未熟さが顕著に表れた。2点目を取られてからは、どう立て直していいのかもわからず、ただオロオロとうろたえるばかりのセレソンの姿があった。せっかく早くから起きてテレビ観戦したのに、何とも退屈な試合に付き合わされてしまった。

ラウンド16の素晴らしい試合の数々の中で、大会を盛り上げた魅力あふれるチームの多くが姿を消した。ラウンド8に入ってからは、スペクタクルに欠けるつまらない試合が続き、途端に大会としての魅力を失いつつある。もうひとつの準決勝、オランダとアルゼンチンの試合もフットボールのきらめきに欠ける試合となる可能性が高い。

オランダは前回大会の決勝で、スペインの“ティキ・タカ”に対して、フットボールを放棄し、8人がイエローカードをもらう(うち1人は2枚目をもらい退場)荒っぽい方法で勝利を得ようとした。ファン・ハールが指揮を執る今大会のオランダは、「質」や「美しさ」を捨て、勝利だけにこだわるいやしさをさらに前面に押し出している。しかも、今回は、対スペイン戦のように中盤そのものをぶっ潰す必要はない。狙いどころはひとつ、メッシを潰せば事足りる。何といっても、「アルゼンチンの戦術はメッシ」なのだから。彼がオランダの肉弾戦の犠牲者となり、ネイマールのように大きな怪我を負わないことを切に願う。



Feeded by morning star
【2014/07/09 21:58 】 Football | コメント(2) | トラックバック(0) |

ブラジル-ドイツ戦、僕も早起きしましたが、
おかげで前半だけでまた寝ることができました。

ドイツはあれだけ攻めてても
ボール保持率はブラジルの方が上だったとか?
だからドイツはポゼッションサッカーではなく、
パスサッカーであると。サッカーは奥が深いなあ。

「アルゼンチンの戦術はメッシ」。これいいですねえ。
明日の朝はトータル・フットボール対メッシ・フットボールですね。
さあ、最良の組合せまで、あと1勝。

Returned by ルイ・コスタJr. #-|URL|
【2014/07/09 17:21】[ 編集 ]

ルイ・コスタJr.さんへ

確かに、今大会のドイツのパス本数は図抜けています。
今大会では、スペインの敗退に続き、
メキシコやチリといったパスでゲームを組み立てていくチームが敗れ、
ロングパス1本で勝利をものにするタイプのチームが多く勝ち残りました。
これが“ティキ・タカ”に抵抗する
今後のフットボールの趨勢とならないためにも
ドイツには頑張ってほしいものです。
勝つことにとことんこだわり、
憎らしいまでに勝負強いと言われたあのドイツですら、
そこに限界を感じ、方向性を定め、育成システムを整備するなど、
長い時間をかけてこういうフットボールができるようになりました。
その場しのぎの、手っ取り早い、簡単な、美しくない、
とにかく勝てばいい、というフットボールは
あまりに退屈です。
ちなみに最近のオランダは、
トータルフットボールを放棄しています。
クライフのいたオランダは革命的に美しかったのに…。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2014/07/10 11:37】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/348-2f13d492

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。