title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

きれいに晴れた休日の朝だというのに、何ともすっきりとしない一日の始まりとなった。W杯ブラジル大会の日本の初戦、コートジボアール戦は、本田のゴールで先制するものの、日本の良さを出すことができずに逆転負けという結果に終わってしまった。

大迫を起用した狙いは、前線でボールを収めることができる彼を起点とすることで、香川、本田が前を向いてプレーができるようにという意図があったように思う。しかし、そうしたチームとしての狙いを具現化するような縦への楔のパスや裏を狙うパス、いわゆるチームを前向きに活性化するようなパスが入る場面はほとんど見られなかった。また守備面でも人数をかけてグレッシブに相手ボールを取りに行く姿勢は影をひそめ、受け身に回っていた印象がある。チームとしての前への推進力が、決定的に欠けていた。

大会前から攻撃的なサッカーを貫いて結果を出すと明言していた日本だが、大会前の強化試合で簡単に先制点を与えてきたという事実に対する怯え、くわえて大会初戦ということで大事にいきたいという心理も影響したのか、試合運びは決して「攻撃的」といえるものではなかった。むしろ、「臆病」ですらあった。

また、香川、本田が本来の調子からは程遠く、彼らが簡単にボールを奪われて決定的なシーンをつくられる場面も数多く見られた。ボールロスの場面ではパススピードが遅かったケースも多く、そうした面でも、精神的に攻撃的になりきれていない様子が見て取れた。日本のストロングポイントである攻撃的なゲーム運びが影を潜め、チームのダイナミズムの源泉である香川、本田がミスを繰り返し、決勝点のシーンではGK川島までがイージーなミスをするようでは、ある意味、敗戦という結果は必然であった。

初戦を落としたとことは確かに痛い。大会初戦、0-0からのクリアな試合開始、そして先制点、それらの要因が日本代表のメンタルをより慎重な方向へと向かわせた部分があるかもしれない。強化試合では、立ち上がりのまずさから先制点を奪われても、攻撃的な姿勢を貫くことで勝ちきることができた。グループリーグ3試合をひとつのゲームを考えると、初戦の敗戦は先制点を奪われたようなもの。次のギリシア戦、コロンビア戦は、積極的にいくしかない状況に追い込まれた。これが、日本本来の攻撃的な姿勢を引き出すかもしれない。1-0、0-0などのソリッドな試合が多いW杯だが、今大会は意外に点が入る。日本向きの試合展開が多いように思う。まだまだ、日本にも可能性がある。

日本の敗戦の後、暑い中、自転車を踏んで厚木までラーメンを食べに行くという暴挙に出た。まあ、ヤケというやつだ。ラーメンは申し分なくうまかったか、願わくば日本勝利の余韻の中で味わいたかった。ちなみにこの店、その昔は店名に今大会の開催国であるブラジルの名を冠していたという。今でも看板に小さく「ブラジル」の文字が見て取れる。出かけていったのはほんの思い付きからだったのだが、どこかで潜在意識の中に刷り込まれていたのか。

今日の締めは、ガリガリ君ソーダ味。梨味も捨てがたいが、運動の後はこれが一番!

厚木往復 2014.06.15(Sun)

走行距離:43.8km



Feeded by morning star
【2014/06/15 23:05 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/337-e566cffd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。