title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

いよいよワールドカップブラジル大会が開幕した。オープニングゲームは開催国ブラジル対クロアチア。オウンゴールとはいえ、極めて正当な結果といえるクロアチアの先制点に対し、ブラジルの同点ゴールはネイマールのミスキックにキーパーがタイミングを外されたややラッキーなもの。しかも、逆転ゴールとなったPKは、フレッジの狡猾な演技力で得たゴール。そのあと、クロアチアの同点ゴールかと思われたシーンもあったが、これはキーパーチャージの判定でノーゴールに。あれはキーパーチャージというよりはジュリオ・セザールのキャッチミス。まるで川口か川島と見紛うような稚拙さだった。

ブラジルはアディショナルタイムにもオスカルが駄目押しの3点目を決め、3対1の勝利を収めたが、その試合内容は優勝候補の名にふさわしいものではなかった。主審が西村氏でなかったら、また別の結果が出ていてもおかしくなかった。もちろん強豪国は試合を進めるうちに徐々に調子を上げ、決勝トーナメントにきっちりピークを合わせてくるものだが、今日見たブラジルはそんなしたたかさを持ち合わせているようには感じられなかった。自国開催で優勝を期待されるセレソンだが、前回の自国開催で起きたマラカナンの悲劇より、悲惨な結末が待っているような気がする。そもそも64年前のように優勝を決める試合まで駒を勧められるかも、極めて怪しい。

先行きが心配されるセレソンだが、開幕戦で主審を務めた西村氏の今後も同様に危うい。まんまとフレッジに騙された上に、クロアチアから同点ゴールを取り上げたとなれば、二度目の主審はないかもしれない。




Feeded by morning star
【2014/06/13 22:55 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/336-5c841043

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。