title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

内閣府が「少子化社会に関する国際意識調査」の結果を発表した。調査対象は日本、韓国、アメリカ、フランス、スウェーデンの20~49歳の男女約1,000人ずつ。結果を見てみると、「欲しい子供の数」は各国とも「2人」が最多で、次いで「3人」とほぼ同じである。ところが…だ。

欲しい子供の数より実際の数が少ない人に、「さらに増やしたいか」と聞いたところ、欧米3か国では「希望数になるまで増やす」が最も多かったのに対し、日韓では「増やさない」がいずれも50%を超えたそうだ。子供を増やさない理由は、日韓とも「子育てや教育にお金がかかりすぎる」が最多。子供は欲しいが、つくれる環境にないという実態が浮き彫りになっている。さらに、就学前の子供の育児における夫婦の役割分担に関しては、スウェーデンでは「妻も夫も同じように」との回答が実に9割を占めている。それに対し、日韓では「もっぱら妻」「主に妻」が7割弱という対照的な結果も出た。日韓では、子育ては夫にとっても妻にとっても「苦行」であり、そこに喜びが見出せてないのではとの危惧も頭をかすめる。さらに、「自国が子供を産み育てやすいと思うか」との質問では、欧米3か国で肯定派が圧倒的多数だったのに対し、日本では否定派が過半数、韓国に至っては8割近くにのぼったそうである。

対立を煽れば、薄っぺらな愛国心なんて簡単に植えつけられる。しかし、この結果を見れば、日韓の国民がいかに自国のあり方に対して否定的に感じているかが分かる。子供を産み育てたいと思えない国なんて、国家として破綻していると思う。最近、何かと対立ばかりが目立つ日韓両国だが、どっちも大したことない。日韓の親たちは、破綻したシステムの中でわが子が勝ち残れるようシャカリキになるよりも、システムそのもののいびつさにもっと声を上げるべきだと思う。たとえ、こんなちっぽけなブログの中でも。


Feeded by morning star
【2006/04/28 19:18 】 Politics | コメント(2) | トラックバック(0) |

>システムそのもののいびつさにもっと声を上げるべきだと思う。たとえ、こんなちっぽけなブログの中でも。

具体的なシステムとはどのように改善するべきなのでしょうか。

私はやはり景気回復が第一だと思っていますが・・・。
金銭的に余裕がないと精神的にもゆとりがなくて
子供のことなど考えられない。
と言う状況になってしまうように思います。

私自身は育児が楽しくて仕方ありませんでした。
子供から目を離してはいけない。と言う一種束縛
見たいなものもありましたが
子供から色々と勇気を貰ったのも事実ですから。

本来は子供のためにがんばろうと言う気持ちで
仕事や家事に励めるものだと思っていますが
経済的に余裕がなくなると
子供でさえもうっとうしい存在になってしまうのでは?

バブルの頃に戻りたいと思うのは無理な話でしょうね。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2006/04/28 22:45】[ 編集 ]

ともちゃんのおっしゃるようにバブルが再来すれば、そのおこぼれにありつくことはできるでしょうが、その裏側で努力なくして理不尽とも思える巨額の金を手にすることができる層がいるわけで、根本的な解決にならないと思います。彼らの存在が、また今以上にお金がなければ教育を受けることができない構造を生みます。しかも、バブルはバブルであるがゆえに必ず崩壊します。どう変えていかなくてはいけないかは非常に難しい問題で、私自身もこれといった解決策を持ってはいません。しかし、それでいながら何ゆえに現状に文句ばかりたれているのか。それについては、次のエントリーで、書いてみたいと思います。


Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/05/01 13:09】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/33-391c08e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。