title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

スポーツウエブサイトをあれこれと見ていると、「バルセロナがインテルとパートナー契約」という見出しが飛び込んできた。バルセロナとインテル(インテルナツォナーレ・ミラン)という、ともに世界的ビッグクラブがパートナーシップ契約を結んだのか?日本関連でも、浦和レッズがバイエルン・ミュンヘンと提携を結ぶなど、クラブ間提携というのはめずらしい話ではない。

とはいえ、チーム間提携というのは、先進リーグ所属のチームと発展途上リーグ所属チームという組み合わせが通常である。バイエルンとレッズもまたしかり。そこには、先進チームの運営方法や育成システムを学びたい発展途上チーム、発展途上チームが活躍する国のマーケットに期待する先進チーム、といった図式が見えるのだが、その点からしてもバルセロナとインテルという組み合わせは、少々奇妙に思えた。

しかし、よくよく記事を読んでみると、バルセロナがパートナーシップを結んだのは、インテルはインテルでも半導体メーカーのインテルであった。いわゆるスポンサー契約である。であれば、当たり前の話なのだが、さらに記事を読み進むと当たり前ではない要素も。ふつう、スポンサー契約を結ぶと、その契約内容に応じてユニホームやスタジアムなどに企業名を掲出できるのだが、今回の契約でインテルのロゴが入るのは、何とユニホームの裏側とのこと。ユニホームの腹部をめくり上げるとその裏にインテルのロゴが記されている。まさに「Intel Inside(インテル、入ってる)」ではないか。

通常のユニホームのロゴ掲出部としては、胸や背中、袖、パンツ裾などがあり、それぞれに応じて料金設定がなされている。今回の場合は「ユニホーム裏」という新しい媒体をひとつ開発したことになる。しかも企業のスローガンとがうまくマッチしていて、目の付けどころがシャープでしょ!(これは、また別の家電メーカーのスローガンだ) ゴールを決めた際のパフォーマンスでユニホームをめくり上げるシーンはよく目にするが、インテルのロゴの露出度はバルサの得点力にかかっているというわけだ。




Feeded by morning star
【2013/12/13 22:34 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/327-1bd44737

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。