title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

珍しく早い時間の帰宅途中だった。いつもの交差点を左折し、その先の路地に入って少し歩いたときのことだった。ドーン!という衝突音と女性の叫び声が聞こえ、続いてポン!という小さな爆発音が響いた。交差点方面を振り返ると、煙が黒い塊となって立ち上っていくのが見えた。交差点まで取って返すと、早くも人だかりができ、辺りは騒然としている。路上にはバイクの残骸と破片が散乱し、流れ出したガソリンから炎が上がっている。炎から少し離れたところにできている人だかりの真ん中では、男性が頭から血を流し、うつぶせになったままピクリとも動かない。火は近所の人たちが持ち寄った消火器ですぐに消火されたが、倒れている男性は頭部からの出血があるために誰も動かすことができない。交差点付近にいた歩行者も巻き添えになっているようだ。すぐに消防車が到着し、続いて救急車、警察車両が駆け付け、現場一帯は緊急車両と人だかりで埋め尽くされた。俺は眼前に広がる異常な風景にしばし立ちすくんだ。

事故の詳細については今朝のテレビで知った。右折しようとした乗用車に直進してきたバイクが接触して横転したというのが事故の真相らしい。バイクを運転していた男性は死亡。そのほかに歩行者2人が巻き添えで重軽傷を負ったという。乗用車を運転していたのは若い女性とのこと。今から思えば、人だかりのはずれで泣いていたあの女性が当事者だったのかもしれない。

事故現場の路肩に停められていた乗用車の右前方のフェンダー部分にはバイクと接触したと思われる痕があり、ヘッドライトのガラスが割れていたものの、一見しただけでは死亡事故を起こした車両のようには見えなかった。一方、バイクは無残にも焼け焦げ、辺り一面にシートやカウルの破片がぶちまけられたように散乱し、その損傷の甚大さは乗用車とは比べようもなかった。バイク側の損傷は、乗用車との接触によりコントロールを失い、交差点付近の電信柱や歩行者保護用の鉄製のポールに激突したことによるものと思われる。小さな接触が原因と思われる事故だが、その結果は決して小さなものではなかった。電信柱や鉄製ポールがなければ、歩行者の側にさらに大きな被害が出ていたかもしれない。

人の生き死にという重大な事象が、ときにちっぽけな運に左右されることを改めて思い知らされた。久しぶりに、人間の死を身近に感じた夜だった。



Feeded by morning star
【2013/05/29 13:06 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/317-ed7982bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。