title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

今となっては随分昔のことようにも思えるが、先週末、W杯が終わった。決勝戦は、スペイン対オランダ。試合は延長戦までもつれたが、スペインが1-0で勝利し、8カ国目のW杯優勝国となった。

この試合、オランダは試合開始から激しい守備を見せ、前半15分には早くも1枚目のイエローカードが出された。オランダがスペインに対して、開始早々あれほど突っかけてくるとは少々意外だった。今大会、低い位置で守備ブロックを形成して失点を防ごうというチームが多かったのに比べて、オランダの決勝戦におけるそれは随分と果敢に見えた。だがその裏には、不安を抱える最終ラインまでスペインの侵入を許したくないというオランダの思惑も見てとれた。

最初のイエローカードの後もオランダの守備はひるむことはなく、スペインにまっとうなフットボールをさせないことを忠実に実行し、一発狙いに掛けていた。そして、その代償として、次々とイエローカードを受けることとなる。この試合、オランダに対しては全部で10枚(うち1枚は2枚目となりレッドカードに)が出されたが、それでも退場者が出たのは、延長も後半4分に入ってのことだった。オランダは、荒っぽい試合運びを貫きながら、それでも2枚目のイエローカードは狡猾に回避し、勝利だけにこだわるヒール役に徹し続けた。しかも、一発狙いが2度もハマリそうになったのには肝を冷やされた。それでも、スペインは最後の最後にフェルナンドトーレスからセスク、イニエスタとつなぎ、豪快にオランダのゴールをこじ開けてみせた。

バルセロナ対インテルのCL決勝戦に続き、W杯決勝でスペインがオランダに屈するようなことがあれば、美しく勝つフットボールは死に絶えてしまっていたかもしれない。スペインが勝ったのは、フットボールにとって喜ばしいことだと思う。



Feeded by morning star
【2010/07/16 19:14 】 Football | コメント(2) | トラックバック(0) |

村上龍の隠れた名作に「映画小説集」
というのがあるのをご存知ですか。
ほぼ村上龍が主人公といってもよく、
発表は前後しますが、時代的には
「69」と「ブルー」の間に位置する作品です。

その中で、龍が美大に進学して初めてできた友人と
サッカーのパスをして遊んだあと、
「僕たちはドイツとオランダとのワールドカップ決勝戦の話をして、
ベッケンバウワーとフォクツとクライフとニースケンスについて話した」
というくだりがあります。

今回のW杯はとても楽しい大会だったし、
楽しいサッカーをやるチームが優勝してよかった。
でも、もう「○○の大会」という言い方は
今後なくなるんでしょうかねえ。

いま、作家の誰かが今回のW杯のことを書くとしても
「僕たちはとシャビとイニエスタとロッベンとスナイデルについて」
話すことはないだろうな。
そこんところだけがちょっと寂しい、祭りの後の盛夏です。

Returned by ピッチャー渡辺 #-|URL|
【2010/07/26 13:26】[ 編集 ]

ピッチャー渡辺さんへ

>村上龍の隠れた名作に「映画小説集」
>というのがあるのをご存知ですか。
知りませんでした。
けっこう初期の作品なんですね。

>「僕たちはドイツとオランダとのワールドカップ決勝戦の話をして、
>ベッケンバウワーとフォクツとクライフとニースケンスについて話した」
74年の西ドイツ大会ですね。
この大会で圧倒的に美しいフットボールを展開していたのは
オランダですが、西ドイツに屈してしまいました。

>「僕たちはとシャビとイニエスタとロッベンとスナイデルについて」
>話すことはないだろうな。
そもそもクライフとベッケンバウアーというような
歴史的スーパースターが同時代に存在したこと自体が稀有ですからね…。



Returned by morning star #pceUkMPA|URL|
【2010/07/27 13:50】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/245-0c97e91a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。