title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

昨日、日本の試合について満足していないと書いたが、世界の日本戦評はさらに辛辣。それが、的外れでないことがなんとも悔しいではないか。

まずは、前日本代表監督のオシム氏。それにしても、この人が指揮する日本代表を南アフリカで見たかったな。
「残念ながら第三者が見たら、非常につまらない試合ということになるかもしれない。日本は日本のよさをほとんど見せることができなかった。カメルーンのミスでゴールが生まれ、カメルーンのミスで失点を免れた」
返す言葉もない。

続いては、英国BBC電子版。
「2つの調子の悪いチームがインスピレーションを見つけるのに苦しんだ生ぬるい試合」
そんなこと言われなくても、大騒ぎする日本のマスコミ以外、みんな分かっているって。

お次は、南ドイツ新聞。
「これが(日本には)最後の幸運」
今度は「運ではなく勝てよ」という意味にとっておこう。

対戦国のマスコミ評は?まずは、オランダのフットボール・インターナショナル誌。
「がっかりさせられる試合」
何とも端的。身も蓋もない。

同じくオランダのテレグラフ紙。
「日本のプレーは良くなかったが、カメルーンよりましだった」
ましと言われても、あまりうれしくないな。

もうひとつの対戦国デンマークB.T.SPORT紙。
「現時点で今大会最低の試合」「先制後は急激にトーンダウン。2-0にするチャンスを自ら棒に振った」
そんなチャンスあったか?

極めつけは、ギュンター・ネッツァー氏。元西ドイツ代表で1972年の欧州選手権優勝のときの司令塔だった天才ミッドフィルダーだ。1974年のW杯優勝のときはオルフガング・オベラーツにポジションを奪われてほとんど出場できなかったけど。
「これが今大会最悪の試合であることを祈るだけ」
あれ以下は…。大丈夫でしょう。多分。

まあ、酷い言われようだ。しかし、今度のオランダ戦を見て欲しい。絶対につまらないとは言わせない。今度は、自信がある。ロッベンの出場は微妙だが、スナイデルやファン・ペルシ、デ・ヨング、ファン・ボメルなどタレントの宝庫だ。カイトやエリアもいる。彼らのプレーを退屈だとは言わせない…。



Feeded by morning star
【2010/06/16 15:22 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/235-ffbe5f19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。