title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

検察審査会が、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件に関して「起訴相当」と議決した。このことを受けて小沢氏をはじめ、いろんな立場の人がいろんなことを言っている。

まずは、当の小沢。「意外な結果で、驚いている。1年にわたる捜査の結果、不正な現金はなかった、また、脱税などの実質的な犯罪がなかった、ということが、証明されたはず」。いえいえ、検察が不起訴としたのは「嫌疑不十分」であったからであって、「嫌疑なし」として被疑事実がなかったことが証明されたからではない。そういうことは重々承知の上で、こう言ってのけるのだから、食えない男だ。

野党は野党で、「幹事長職を辞することが必要で、場合によっては議員辞職まで考えないといけない」などと言い出す。何で、たかが検察審査会の「起訴相当」の議決ひとつで、議員辞職まで迫るのか。「起訴相当」の判断は「有罪」判決とは違うだろ。自分たちだって真っ白じゃないくせに、よくもまあ、いけしゃあしゃあとのたまうもんだ。

「不起訴」をもって「嫌疑なし」にすりかえる小沢に、「起訴相当」の議決をもって「有罪」と決め付ける野党。どっちもどっちだ。

まあ、野党としては今の時点でどうしても小沢を引きずり落としたいところだろう。小沢が民主党要職にいつまでも居座っているのは、野党にとっては時限爆弾を抱えているようなもの。対する小沢としては当面の間、身の潔白を訴えて居直り、国民の強烈な反感を買っていくことになるんだろうな。

小沢は世論を無視し続け、国民の怒りを臨界点まで引っ張るつもりではなかろうか。それでもって、参院選直前に鳩ポッポとともに「辞任」という時限爆弾を炸裂させる。この2人が権力の表舞台から身を引くことで、民主党から悪いものがすっかりなくなったという国民の勘違いにより民主党が圧勝。このくらいのシナリオを腹に抱えていてもおかしくない。

この時限爆弾の威力は衆院選で実証済み。あとはいつの時点に時限爆弾をセットするかだ。小沢ほどの策士がそのタイミングを誤ることはあるまい。自らが持つ負の付加価値を最大限に活用する。小沢一郎、実にエグイ政治屋だ。




Feeded by morning star
【2010/04/28 16:28 】 Politics | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/227-6ae2028c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。