title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

自分は方向感覚が優れていると自負していた。見知らぬ土地でもあまり迷うこともないし、少し歩き回るだけでだいたいの街の構図が把握できる。なんてね。でも、それは根拠のない自惚れに過ぎなかった。

先週末、息子のサッカーの試合を見に出かけたときのことだ。うちから試合会場のある大倉山へ行くには、菊名で乗り換えることになる。横浜線の菊名駅で降りたとき、ふと考えた。たった1駅東急線に乗るくらいなら、線路沿いに歩いてしまおうか。久しぶりに気持ちよく晴れ、散歩がてらに歩いていくには絶好の日よりだった。

ところが、線路沿いに歩くのは案外難しい。道は必ずどこかで線路からそれるものである。酔っ払って電車を乗り過ごし、見知らぬ駅から線路を頼りに家を目指したことのある人ならよく分かると思う。自分の進むべき方向を見失わないよう、建物の隙間から見える風景や電車が通過する音も頼りに、線路を意識しながら歩き続ける。そうやって15、6分も歩いただろうか。ふと見やると○○○新横浜なる名前のマンションがあるではないか。??? ひょっとして…!

マンションの横の駐車場に入り、線路が見えるところに出て、電車が来るのを待つ。何と!やって来たのはJRの電車ではないか。俺は横浜線の線路を東横線の線路と勘違いして、新横浜方面へ向かって歩いていたのだ。そういえば、道から見上げた駅のホームはJRのものだったではないか。線路脇の道を歩いているときに見た電車だってJRの車両だったはずだ。ただ単に「線路沿いに歩けばいい」と思い込んでいると、そういう情報が目に入っていても「気付き」がない。自分のあまりの迂闊さに脱力、そして落ち込む。何が、「進むべき方向を見失わないよう」だ。そもそも最初から進むべき方向が間違ってるんだよ!

間違いに気付けば、今いる位置から大倉山へ向かうおおよその方向はわかる。しかし、大失態をやらかした後となると自分の勘を頼りにする自信がない。線路という道標を失うのが怖い。俺は仕方なく今来た道を線路沿いに戻り、今度はホンモノの東横線の線路を頼りに大倉山へ向かった。

こうして試合会場に着いたのは菊名駅に降り立ってから約1時間後、試合開始の直前だった。その間、ずっと歩き続けていたことになる。予選リーグ突破を争うライバル校の試合も見ようと思って早めに家を出たからよかったものの、下手すれば肝心の試合に間に合わないところであった。

自分の間抜けぶりには相当へこんだが、ぽかぽか陽気の中、見知らぬ街を歩くのは、それはそれで楽しい時間でもあった。実は、大倉山駅近くで試合会場までの道を尋ねたのだが、それがやたらと遠くてなかなか目的地に着かない。もう一人別の人に道を聞いてようやく辿り着いた次第だ。帰りに歩いたらずっと近い別の経路があった。どうやら最初に教えてくれた人が勘違いしたようだ。自分で判断しても、人に聞いても、遠回りになる。あの日は、そういう日だったんだ。



Feeded by morning star
【2010/04/20 17:35 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/225-2447bc58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。