title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

先々週末に続いて先週も出張に出かけてきた。今回は日帰り大阪出張である。昼少し前に大阪入りして、14時半ごろに取材終了。早速、新世界に向かった。

新世界といえば、当然お目当ては串カツ。この界隈だけでも3店展開している超人気店は、15時ごろだというのにどの店も長蛇の列である。俺は超人気店グループの一店の隣にある誰も並んでいない店に入った。店内は約15席、カウンターだけ。壁一面に飲み物と串カツのメニューが張られ、その横に「長居無用」との張り紙も。行列こそできていなかったが、店内はきちんと満席だった。

まずは、酒を冷で頼んで好みの串を揚げてもらう。どれも旨い。外はカリッ、中はふわっと揚げられた衣が秀逸だ。しかも素材によって衣のつけ方を変えているようで、ふぐはほとんどパン粉だけをつけて揚げていた。かと思うと、ウインナーは串を回しながら、衣の入ったボールのふちをうまく使って螺旋状に衣をまとわしていく。また、串カツといえば「二度づけお断り」で知られるソースで食すのが一般的だが、ここの店では串によっては「これは塩でね」とすすめてくれるのもありがたい。庶民の食べ物ではあるが、気を使うべきところにはきちんと工夫が施されているのだ。

旨い、旨いとハイペースで串を平らげていると、そこに地元の人間と思われる家族が入店してきた。ジャージの上下を着たヤンキー風の若夫婦に1歳ぐらいと4歳ぐらいの女の子である。ちょいと男前の旦那にこれまた目の覚めるような美人の奥さん。どういうわけだか、ヤンキー風の方々の間にはこの手の美男美女のカップルがちょいちょいいる。

「この時間やけん空いとると思ったけど、案外混んどるな」と店のおっちゃんに挨拶するなり、ビールを頼み、壁に張られた品書きを見もせずに、家族全員分の串を見繕って、スラスラと注文する。お見事である。だが、このお兄ちゃん、それだけではない。何回目かのオーダーのときだ。「じゃがいも、素でやってくれる」。うん?「あいよ」と応えた店のおっちゃんはじゃがいもに衣をつけず、そのまま油の鍋に投入する。ほほぉ、そういう頼み方もあるんだ。また、しばらくすると今度は「にんにく、まんまでくれる」。そして店のおっちゃんから串に刺さったにんにくを受け取り、そのままガブリッ!へえぇ、そういうのもアリなんだ。この店は、どて焼きもない、揚げもん一本槍の店だから、そうやって変化をつけるのか。ディープな界隈で、ディープな常連客の、ディープなオーダー法を見た気がする。深いぞ、新世界。

しかし。この店にはもっとディープなところがあったのだった。この店には灰皿なるものが存在しない。なのに、店のおっちゃんをはじめみんな煙草を吸っているのである。灰や吸殻はどうするのかと言えば…、そのまま足元にポイッ。東京では悪魔のように忌み嫌われている煙草であるが、大阪のある界隈のある店ではこんなにおおらかなのである。しかも飲食店で、しかも店の料理人まで、しかも客前で。ま、小うるさい輩に言わせれば、言語道断!ということになるのだろうが、誰がなんと言おうと味は間違いなく旨かった。

飲み食いの記録は、ふぐ、たこ、とんかつ、はも、いか、えび、とり、きす、こんにゃくに、日本酒4杯。締めて2980円なり。この後、歩いて日本橋まで出て、そこから地下鉄で鶴橋に行き、キムチを購入。新大阪の駅でお決まりの551蓬莱の豚まんを購入して帰路に着いたのだった。





Feeded by morning star
【2010/04/08 18:19 】 Foods | コメント(2) | トラックバック(0) |

鹿児島に続いて、またまた美味しいモノと美味しいお酒…
昔、日本各地の陶芸家を取材する仕事というのがあったのですが
クライアントと一緒で全然楽しめなかった私としては
いいな~と涎を流すばかり…
でも、お一人様というのも緊張してしまって
食べたものの味も解らないくらい、これまた楽しめないんですけどね^^;

>ヤンキー風の方々の間にはこの手の美男美女のカップルがちょいちょいいる。
これはほんといえてます。

>灰や吸殻はどうするのかと言えば…、そのまま足元にポイッ。
大昔、スペインを旅行した時もそうでした。灰皿頼んでかえって無粋でした^^;

>飲み食いの記録は、ふぐ、たこ、とんかつ、はも、いか、えび、とり、きす、こんにゃく
ただただ垂涎…

Returned by AZUKI #BmZDenIQ|URL|
【2010/04/12 06:28】[ 編集 ]

AZUKIさんへ

取材とはいえ、旅をするには同行者の存在が大きく影響してきますね。
その点、一人だと気楽です。

>いいな~と涎を流すばかり…
ブログを拝見すると、
AZUKIさんこそ、たくさんの旅を楽しまれていて
うらやましい限りです。

>大昔、スペインを旅行した時もそうでした。
かの地のバルでは、ピーナツの殻なども無造作に捨てられていて、
それと一緒に掃き出すと
埃やごみが綺麗に掃除できると聞いたことがあります。
でも、うっかりモノを床に落とせませんね…。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2010/04/12 18:12】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/224-09ecb21a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。