title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

大学時代、西荻窪のおんぼろアパートに住んでいた。あのあたりは学生やサラリーマンを相手にした、安く飲み食いできる飲食店が多く、貧乏学生としては大変ありがたい街だった。駅前にあった定食屋もそのひとつ。確か、ご飯と味噌汁とお新香の基本セットが130円。それに焼魚や豚肉生姜焼などのお好みの料理を組み合わせる。懐に余裕があれば、おひたしや納豆、焼海苔などのサイドメニューも追加できる。組み合わせは自由自在。自分でオリジナルの定食を組み立てられるのだ。

そんな中で、もっぱら俺がお世話になった料理が、ハムカツだった。確か200円だったように記憶している。ハムエッグと並んで、その店で一番安いおかずだった。基本セットと合わせて330円。牛丼と同じぐらいの値段だったが、こちらはご飯におかず、味噌汁、お新香にサラダ(ハムカツの付け合せ(笑)。千切りキャベツにきゅうりとトマト一切れ)という、ちゃんとした食事の体をなしているところが気に入っていた。

その頃舌に染み込んだ記憶のせいなのだろうか、今でもハムカツには目がない。ところが、だ。メニューにハムカツがある店はそう多くない。渋谷の地下にある大衆立ち呑み酒場、同じく渋谷の百軒店の揚げ物専門の定食屋、新橋の何でも300円という居酒屋、あとは最近東京でも増えてきた大阪名物の串揚げ屋…。う~ん、他にもあったように思うが、そうそう簡単には思い出せない。左様に、庶民的メニューだったハムカツも、今となっては案外希少な存在なのである。

周囲の喧騒に負けないように声を張り上げる。「すみませ~ん!ハムカツ、ソース抜きで!」。ほどなく、昔ながらの四角いプレスハムを縦に3等分して揚げた3切れのハムカツが登場する。揚げたての熱々の衣に醤油をジュっと染み込ませ、芥子をちょいちょいと付けて、ハフっと齧る。う~ん、うんまいっ!!。時々これが無性にやりたくなって、立ち呑み酒場に潜っていく。




Feeded by morning star
【2010/02/04 18:16 】 Foods | コメント(0) | トラックバック(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/219-c63c3e9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。