title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

最近、本を買うのはもっぱらBOOK OFFである。それもほとんどが100円コーナーの本。当然、在庫は限られている。同じ人気作家でも、赤川次郎、落合信彦、志茂田景樹、西村京太郎あたりの著作は腐るほどあるが、それに比べると池波正太郎などの作品は意外に少ない。それぞれの作家の世の中での消費のされ方が見えて面白い。

BOOK OFFでお目当ての本そのものズバリが手に入ることは稀である。100円コーナーに限ればなおさらのことだ。俺の場合、読みたい本を買うのではなく、その日その店にある本の中から買う本を選ぶ。そういうことになる。

先週末も、暇つぶしを兼ねてBOOK OFFを覗いてみた。この店で前の週に何気なく買い求めた横山秀夫の『陰の季節』がことのほか良かった(『半落ち』や『クライマーズハイ』を凌ぐ出来だな)。100円コーナー縛りの本読みで、こういう「アタリ」に出会うとものすごく得をした気分になる。そんな背景があって、その日も横山秀夫の作品を105円でお買い上げ。横山氏には悪いが、彼の印税収入に何ら貢献することなく『動機』を手に入れた。

早速家で読み始めると、本に何かが挟まっているのに気づいた。本を買ったときに店員さんがサービスで挟んでくれる栞だ。もちろんBOOK OFFにはこんな気のきいたサービスはない。前の所有者が使用していたものがそのまま残っていたのだろう。何度も同じところから読み返してしまう俺にはありがたい。さらに4分の3まで読み進んだときのことだった。それは栞のような存在感もなく、あるページをめくると突然現れた。

旭屋書店水道橋店
2006年11月13日(月)18:54
文庫本一般 内  ¥539
小計         ¥539
内税対象額    ¥539
(消費税等内税  ¥25) 
合計         ¥539

お預り        ¥600
お釣り         ¥61


多分、この本の領収書だろう。本のカバーには「本体514円+税」と記されているが、5%上乗せすれば内税で539円くらいになるはずだ。金額的に合致する。買ったのは、横山秀夫の読者層から推測すると、水道橋近くで働く中年サラリーマン。買い上げ時刻から考えると、帰宅途中の電車で読むために購入したものか。横山秀夫の作品に登場する人物の多くがそうであるように、彼もまた組織の中でがんじがらめになりながら、自らの存在意義を賭して抗う一人なのかもしれない…。

推理小説やサスペンスなどを読んでいる途中で、不意にこういうものに出くわすと、何の意味もない紙片をもとに、これまた無意味な推理?邪推?妄想?してしまうことになる。






Feeded by morning star
【2009/09/07 19:03 】 Books | コメント(2) | トラックバック(0) |

私は、ブックオフで買った漫画に、3万円が挟んで(しかも旧札・・・)あり、
誰かのへそくりをいただいてしまったことがあります。

「何で捨てちゃったんだよ!」
と、大ゲンカ勃発か、あるいは本人も忘れてしまっていたのか。。。

しかし、そんな事態は私には一生発生しないだろうな~と、
そんなところにお金を挟むことに対し、
理解に苦しむ、ボンビー人です。

ブックオフは、全く中身を確認しないまま、そのまま売ってる感じですよね。

Returned by みんみん #-|URL|
【2009/12/16 18:24】[ 編集 ]

みんみんさんへ

すいませ~んっ!!!
コメントいただいていたのを知らずに今日まで来てしまいました。
どうぞ、お許しください。

>私は、ブックオフで買った漫画に、3万円が挟んで(しかも旧札・・・)あり、
>誰かのへそくりをいただいてしまったことがあります。
そんなことがあるんですね。
ブックオフに行く楽しみがまたひとつ増えました。
誰も読まないような、
いかにもへそくりが隠してありそうな本を
重点的にめくってみます(笑)。

Returned by mornig star #VizADBpE|URL|
【2010/02/05 12:38】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/214-ddf1ac92

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。