title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

「コーチは身体を動かすことが少ないから、自分の中で散歩することをひとつの約束事にした。自分に課した『行』なんだ」。

いやはや…。散歩が「行」とは、恐れ入る。この男にとっては、ジョギングなんか想像を絶するような「荒行」に値するんだろうな。

この男、とにかく口から出てくる言葉、言葉が、空に霧散してしまいそうなほど、軽い。

原辰徳。50歳。巨人軍監督にしてWBC日本代表監督。あまりに薄っぺらで、泣きたくなるほど重みがない。これでいいのか。いいか、別に。



Feeded by morning star
【2008/11/19 11:26 】 Diary | コメント(4) | トラックバック(0) |

彼の人生が薄っぺらかったかどうかは判断できませんが、全ての言動はこれまでの人生の重みが少なからず影響するもんです。これまででもなく、これから素晴らしい成果を残してくれれば、別にいいです。あまり期待はしてませんが。

Returned by マスター #-|URL|
【2008/11/24 17:34】[ 編集 ]

自分に厳しくできないから他人にも厳しくできないのでしょうか?
やりかたの問題なのかもしれませんが、ペキンオリンピックの結果は散々だったので、是非とも甘くてもいいのでWBCは優勝して結果を出してもらいたいですね。

Returned by ラビット #-|URL|
【2008/11/24 17:49】[ 編集 ]

マスターさんへ

>全ての言動はこれまでの人生の重みが少なからず影響するもんです。
おっしゃるとおりだと思います。
彼の場合、高校時代からプロの世界に至るまで
一定の成功を収め、齢50を重ねてきたのだから、
それ相応の重みがあってしかるべきだと思うのですが…。
ある陶芸家・絵師の言葉に
「「これは相当な犠牲ものとに成立しているのだ」と理解するとき、
人はそこに豊かな厚み、深みを感じる」というのがありました。
なるほどなぁ…といたく感心しました。
所詮はなるようになってきただけで、
現在に至る過程に人の心を打つ何かが決定的にかけているんでしょうね。
もちろん、自分自身を振り返ってのことです(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/11/25 15:43】[ 編集 ]

ラビットさんへ

>WBCは優勝して結果を出してもらいたいですね。
WBCをめぐるさまざまな動きを見えいると、
WBCって何なのかよく分からなくなりますね。
アジア予選は読売グループが牛耳っていいるようですし、
その読売グループも大リーグ機構にいいように利用されているようです。
かとおもうと、反読売の急先鋒中日は、WBCへの選手派遣を拒否する構えだし。
「世界No.1を決める試合を見たい」というファンの思いとは
随分遠いところで事が動いているようです。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/11/25 15:44】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/202-6faad9e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。