title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

もう、かれこれ5、6年も前の話になるであろうか。

その日、仕事で遅くなった俺は会社の近くでタクシーを拾った。運転手は深夜乗務員としては珍しく女性だった。歳の頃は50代後半か。若い頃はさぞかし美人だったろうと思わせる、整った顔立ちをしていた。

タクシーの運転手には、世間話の好きな饒舌なタイプと道を聞く以外余計なことは一切喋らない寡黙なタイプの人間がいるが、彼女は前者の方であった。行き先を告げるやいなや、気風のいい語り口調で話しかけてきた。

「お客さん、こんな遅くまでお仕事ですか?大変ですね。いえ、私もこう見えてね、少し前までは、バリバリに働いていたんですよ。いわゆる女社長というやつでした。ま、女社長といっても、私が起業したわけじゃなく、大学を出て、親の家業を継いだだけなんですけどね。仕事ですか?いわゆる解体屋ってやつです。ビルとかをぶっ壊す、あれですよ。建物を建てるのはともかく、ガンガン壊していくのは、性に合っていたんでしょうね。もう、仕事が楽しくて、楽しくて。毎日が、仕事、麻雀、仕事、麻雀…の繰り返し。ええ、そうなんですよ。当時の私は、仕事と同じぐらいに麻雀にのめりこんでいましてね。男衆に混じって結構高いレートで打ってました。今でも麻雀は相変らず大好きでね。時々一人でふらりと雀荘に行って打つこともありますよ」

「会社はね、一時期は信じられないくらい儲かったんですよ。バブルの頃なんて、営業もしないのに、次から次へと、それこそ請け負いきれないくらいの仕事が向こうから勝手に来ましたからね。それが、バブルの崩壊とともにおジャンですよ。仕事の単価も坪あたり半額くらいに下がちゃってね。決して楽な商売ではありませんから、それじゃあ、割に合わない。それに、私も現場に出て作業の指揮をしていましたが、そういつまでも体力が続くわけでもないですしね。いい頃合かなと思って、親の代から続いた会社を畳みました。それで、こうしてタクシーの運転手をやっている次第なんですよ。幸い娘二人も大学を卒業してますしね。私一人が食べて、手慰みに麻雀をやるくらいは、この商売で稼げますから。従業員を抱えて会社をやっていたころに比べれば、今は、気楽なもんですよ」

「はあ?旦那ですか?旦那なんていませんよ。仕事に夢中だったので、結婚なんて考えたことはなかったですもん。男の人に頼らなくても十分生きていけましたし。それにうちの両親は夫婦仲が悪くて…。それを見て育ったせいもあるんでしょうね。結婚なんて絶対にしないと思ってました。え?娘?もちろん娘は私の実の子供ですよ。実はですね、私は結婚はしたくなかったけど、子供だけは欲しかった。だから、大学時代の、あ、私は一応慶応を出たんですけどね、その頃の仲間でいちばん良さそうな種を選んで、つくってもらいましたよ。ちょっと協力してよ、って感じでね。もちろん、認知してくれなんてケチなことは言いません。養育費だってビタ一文もらってない。全部私が稼いだお金で立派に育てました。女手ひとつでね。たいしたもんでしょう。ええ、私の種を選ぶ眼が確かだったんでしょうね。二人ともちゃんと慶応を卒業しましたよ」

「いやぁ、今夜はお客さんと話ができて楽しかったです。運良く最後に長い1本を乗っていただけましたので、今日はこれで上がりにします。麻雀の話をしたら、無性に打ちたくなってきたので、上がったら雀荘にでも繰り出しましょうかね。どうも、ありがとうございました。お忘れ物はございませんか。おやすみなさい」

会社から自宅までは高速を使って30分弱。呑んだ帰りならともかく、仕事帰りの深夜タクシーでは神経が昂ぶっているせいか寝る気になれない。いつもなら、運転手のつまらない世間話に適当に相槌を打ったり、さもなくばじっと黙って車窓を流れていく水銀灯を眺めているのだが、その日は結構まともに運転手さんの話のお相手をさせていただいたのだった。



Feeded by morning star
【2008/02/26 15:58 】 Old Days | コメント(10) | トラックバック(0) |

なんていうか、一人でしゃべりまくっているような感じですね。でも話に人生観がにじみ出ていてのめり込んでしまいそうです。

やっぱり女の人も一人で生きていくだけの力があるとすごいですね。見習いたいものです。

Returned by ラビット #-|URL|
【2008/02/26 23:04】[ 編集 ]

ラビットさんへ

>でも話に人生観がにじみ出ていてのめり込んでしまいそうです。
ええ。とても面白かったですよ。
話し好きの運転手さんって、
口調が妙になれなれしかったり、
話そのものがつまらない場合が多くて
話しかけられるのはあまり好きではないのですが、
この夜ばかりは楽しめました。
彼女は今日も東京の街を走っているのでしょうか…。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/02/27 17:41】[ 編集 ]

タクシーの運転手。
いろんな人がいましたね~。
カーステレオで
タンゴを流しっぱなしの人とか。
お亡くなりになりましたが、
元ジャニーズの真家ひろみさんの
タクシーに乗ったこともありました。

Returned by びっきい #-|URL|
【2008/02/27 22:00】[ 編集 ]

びっきいさんへ

真家ひろみさんの運転するタクシーに乗り合わせたのもすごいですが、
運転手が真家ひろみさんだと気づいたのはもっとすごいと思います(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/02/28 11:27】[ 編集 ]

追記です。
私は真家さんのことを存じ上げませんでしたが、
真家さんご自身が積極的にお話をされたんです。
新聞に載った記事のコピーをくださったり、
芸能界のおもしろ話を披露してくださったり…と。
それだけに、急逝の報せを聞いた時にはショックでしたね…。

Returned by びっきい #-|URL|
【2008/02/28 21:54】[ 編集 ]

ダンプの運転手さんやバスの運転手さんも女性を見かけるようになりました。
女だてらに・・。なんて死語ですね。
それにしても相当な覚悟がないと二人の子どもを一人でなんて・・。

私が利用するタクシー会社にもよく喋る運転手さんがいるんですが・・・・。
さすがの私でもうっとうしいと感じる人がいるのです。
相槌がため息に変わらないように気をつけたいです。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2008/02/28 23:27】[ 編集 ]

はっはっは(T◇T)
最後まで笑って読ませていただきました。
しかし、よくじゃべる女性ですね~。
会話というか一方的なマシンガントークじゃないですか。
楽しまれたのなら良かったです^_^;

Returned by マスター #-|URL|
【2008/02/29 02:40】[ 編集 ]

びっきいさんへ

なるほど、真家さんも世間話好きの運転手さんの一人だったのですね。
でも、真家さんの「世間話」なら、
世間離れしていそうで面白そうです(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/02/29 10:59】[ 編集 ]

ともちゃんへ

>ダンプの運転手さんやバスの運転手さんも
>女性を見かけるようになりました。
そうですね。
見かけるたびに
「こんな大きな車を運転するなんて、すごいなぁ」
と思うのですが、よく考えてみれば、
どんなに大きな車両でも
結局はエンジンで動いているわけですから、
特別力持ちでなければいけないというわけではありませんよね(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/02/29 11:03】[ 編集 ]

マスターさんへ

実際は私も合いの手を入れたり、質問したり、
会話にいろいろと口を挟んでいたのですが、
そこの部分はつまらないのでカットしました(笑)。
でも、本当に話し上手な運転手さんでしたよ。
講談か何かを聞かされているような感じで、
バッチリ楽しめました(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2008/02/29 11:06】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/183-91e41e6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。