title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

現在上映中の映画「パヒューム~ある人殺しの物語」の原作「香水」を読んだ。物語は18世紀のフランスにある類い稀なる才能を持った男が生れ落ちるところから始まる。その才能とはこの世のありとあらゆる匂いを嗅ぎ分けること。男はこの世のものすべてを匂いによって認識した。やがて男はその天分を生かし、天才調香師として自在に匂いを操るようになる。その彼がある日、至高の匂いに出会う。それは一人の少女が発する匂いであった。その匂いへの焦がれるような思いが、彼を殺人へと駆り立てる。彼は少女と同じ匂いの持ち主と出会うたびに、少女たちを殺めていく。至高の匂いを自らの手で創造するための「原料」を採取するために…。

彼にとっては、生身の人間もひとつの匂いに過ぎなかった。同時に彼自身にはまったく匂いがなかった。匂いこそが存在の証しであり根源である彼にとって、それは自らの存在の無を意味していた。物語の根底には、そうした主人公の生に対する関心の希薄さと自己の喪失感が基調として流れている。そのことが、ともすれば荒唐無稽になりがちな奇想天外なストーリーを、きちんとした読み物として繋ぎとめている。俗な結末に行き着いてしまうのでは…と思わせるラストも危ういところをスルリと抜けて、鮮やかに立ち消えていく。丁度、上品な香水ように、余韻という痕跡を残しつつ、跡形もない。久々に出会った不思議な読後感の残る作品だった。ちょっと違うのだが、あえて言うならロアルド・ダールやヘンリー・スレッサーの作品を読んだ後に感じるような奇妙な充足感があった。




Feeded by morning star
【2007/04/18 16:42 】 Books | コメント(12) | トラックバック(0) |

読んでみようかな。
その小説自体に匂いはしましたか?

匂いがしたり音楽が聞こえてくる小説や写真、
風景の見える音楽など、五感に訴える
作品はたいていいいですよね。

高校時代の同級生にダールが好きっていう
すごく不思議な感じの女の子がいて、
彼女のことを??年ぶりに思い出しました。



Returned by ピッチャー江草 #-|URL|
【2007/04/19 12:05】[ 編集 ]

ピッチャー江草さんへ

>読んでみようかな。
あ、ピッチャー江草さんの好みかも。

>その小説自体に匂いはしましたか?
孤独な魂の匂いがしました。

その匂いを嗅ぎそこなうと、
単なる荒唐無稽な作り話か、
(シーンによっては)
筒井康隆ばりのスラップ・スティックか?
というような作品になってしまいます(笑)。

>すごく不思議な感じの女の子
ダールが好きな女子高生…。
その属性だけで、とても不思議な匂いがします。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/04/19 13:05】[ 編集 ]

なんだか怖いお話ですね。

我が次女は誰が洗って来た
給食着かを当てることが出来るらしいです。
仄かにその人の香りがするらしいです。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2007/04/19 14:29】[ 編集 ]

この映画、観ましたよ。
なんとも不思議な内容。ただ映像をみていたはずなのに、いま思い出すのは香り・・・
観た人しかわからないですよね。(笑)

Returned by 不良主婦 #FxU.wtQM|URL|
【2007/04/19 15:22】[ 編集 ]

ともちゃんへ

娘さんの嗅覚、すごいですね。
洗濯済みのものなのに
個人の匂いを特定できるなんて
まるでこの小説の主人公のようです(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/04/19 15:36】[ 編集 ]

不良主婦さんへ

おお、不良主婦さんは映画を観たんですね。
この原作は以前スピルバーグが映画化しようとして
匂いを映像として定着するのが難しいということで
制作を断念した経緯があると聞いたことがあります。
映像で表現された例の至高の匂いは
不良主婦さんにはどんな匂いとして香ったのでしょう。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/04/19 15:42】[ 編集 ]

なんか面白そうですが恐そうなのでたぶん見られません。

うちのおやじもよく臭いを嗅いでいました。なんでも手にとって臭いを嗅いでいました。遺伝なのか、一番下の子供が同じことをします。恐いです!

Returned by ラビット #-|URL|
【2007/04/19 18:39】[ 編集 ]

ラビットさんへ

視覚的なことだけでは分からないこともありますからね。
匂いを嗅いだり、時にはつついてみたり…。
お父様といいお子さんといい
五感を総動員して
事象を把握しようとする姿勢はすばらしいと思います(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/04/20 17:28】[ 編集 ]

ともちゃんさんの、お子さんの感覚、私もわかります。
洗濯済みのモノほど、その家の香りがでるんです。

だから私は、かつてお泊りに来ていたコイビトのモノのお洗濯には、洗剤(シャンプーも)は無香料を選ぶ気遣いをしていました。

Returned by ♀いぬ #2jBCKKWg|URL|
【2007/04/30 05:29】[ 編集 ]

♀いぬさんへ

>は、かつてお泊りに来ていたコイビトのモノのお洗濯には、
>洗剤(シャンプーも)は無香料を選ぶ気遣いをしていました。
お泊りされたコイビトは、
♀いぬさんの家の匂いをつけて帰せない
関係の方だったんですね。
いっそのこと、洗濯などせずに
帰した方がよかったのでは(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/05/01 16:45】[ 編集 ]

それもそうでしたね!

でも、そうしたら、私の香りをお土産にしてしまうことに・・・。

私の香り、独特なんです、洋犬特有の・・・!

Returned by ♀いぬ #2jBCKKWg|URL|
【2007/05/02 01:43】[ 編集 ]

♀いぬさんへ

>でも、そうしたら、私の香りをお土産にしてしまうことに・・・。
せっかくご来訪いただいたのに手ぶらでは返せませんから、
丁度いいお土産になるのではないでしょうか。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/05/07 15:50】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/165-0d6bc70e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。