title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

厚生省の指導でインフルエンザ治療薬タミフルの10代の患者への使用が原則制限されることとなった。先日、うちの息子もインフルエンザを罹患し、医者からタミフルを処方された。タミフル服用後の異常行動については、そのころからすでに複数の事例が報道され、大きな話題になっていた。医者はタミフルを処方するに際して「今、いろいろと報道されていますが、インフルエンザによる高熱時の異常行動に関しては、タミフルが使用されるようになる前から報告されています。異常行動に関してはタミフルに起因するものではなく、高熱によるものと考えた方が合理的です」と言っていた。が、その処方箋を持って薬局に行った際には「タミフル服用による異常行動が報告されているので、服用時はお子様から眼を離さないでください」と言われた。

結局、わが家では息子にタミフルを飲ませた。効果はてき面であった。服用後、見る見るうちに熱が下がり、翌日にはほぼ平熱に戻っていた。単に彼の回復期とタミフル服用のタイミングが合っただけのことかもしれないが、これが本当にタミフルの効果だとしたらなんともすごい薬である。異常行動を引き起こすような副作用があったとしてもおかしくないと思わせるほど劇的な効き目があった。想像を超える効果を目の当たりにして、逆に空恐ろしくなったくらいである。

本当のところ、タミフルに重篤な副作用があるのかないのかは素人の我々にはわからない。ただ分かっていることがひとつ。ほとんどすべての薬には副作用があるということだ。漢方薬にだって、副作用はある。本人の自然治癒力に任せるか、副作用のリスクをとって薬を服用するか。副作用が大きいか小さいかはともかく、薬を服用するということはそういうことだ。今の騒動を見ていると、タミフルひとつを取り上げてヒステリックに騒ぎ立てるばかりで、そういう本質的なことが忘れ去られているような気がしてならない。



Feeded by morning star
【2007/03/22 16:39 】 News | コメント(6) | トラックバック(0) |

今まさに話題になっていますね。
今朝のワイドショーで、厚労省の調べでは小児科医だけの調査結果だったので、現在異常を来す10代後半の年代ではここには当てはまらないと言っていた。これがほんとうなら大問題になってしまう。急遽、対象者をもっと幅広く調査しており、その結果が出るのが夏頃になるという。恐ろしい世の中です。

Returned by ラビット #-|URL|
【2007/03/22 19:28】[ 編集 ]

ラビットさんへ

医者が処方してくれた薬だからといって
必ずしも安全であるわけではありません。
治療、もしくは症状の軽減のために薬を服用するということは
同時にそれと引き換えに副作用のリスクを
引き受けることだということを
改めて認識しておかなければいけませんね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/03/23 11:18】[ 編集 ]

昨日、知り合いの小児科の先生とタミフルの事、ききました。
現在、役100万人弱のインフルエンザにかかった患者が服用しているそうです。何か異常行動する方に問題があるのではないか・・・とはなしてました。難しい事はわからないけど。

Returned by 不良主婦 #FxU.wtQM|URL|
【2007/03/23 20:26】[ 編集 ]

服用している人数に比べれば被害は少ないと言った人もいました。
タミフルの消費量の8割が日本と言う事で少し日本の医療は
薬に頼りすぎと言う話も聞きました。
さらに言えば薬で儲けている日本の医療。と言った話も・・・。

副作用のない医薬品は無い。と言う事から
私は予防に力を入れたいと思っています。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2007/03/25 08:16】[ 編集 ]

不良主婦さんへ

異常行動がタミフルに起因するものなのか、
それとも患者個々に原因があるのか、
まったくわかりませんね。
その因果関係がわからないということが
余計に人々を不安にさせている感があります。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/03/26 11:37】[ 編集 ]

ともちゃんへ

>副作用のない医薬品は無い。と言う事から
>私は予防に力を入れたいと思っています。
おっしゃる通りですね。
高熱や痛みなど、薬を用いた方が患者への負担が
大幅に軽減できるような場合はともかく、
まずは本当に薬が必要かどうか
きちんと考えた方がいいでしょうね。
病院に行っても医者が施してくれるのは、
たいていの場合、「治療」というよりも
「投薬」という感じですものね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/03/26 11:47】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/160-8948b9ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。