title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

この週末、久々に休日出勤をした。ちょっとしたトラブルもあり、休日出勤の割には遅い帰宅となったが、帰りの電車では運良く座ることができた。

とある駅で乗り込んでくる乗客の中に70歳前後と思われる女性の姿を見つけた。俺は反射的に腰を浮かし、席を譲ろうとした。俺の動きを察知した女性は微笑みを浮かべながら小さく頷いてみせた。「結構ですよ」。上品な眼差しがそう語っていた。精神的に少々疲れを覚えていた俺は、不覚にも再びシートに腰を沈めてしまった。

ゆっくりと電車が動き始める。やはり、どこか心が咎める。俺は彼女に「お座りになりませんか」と話しかけてみた。「ご親切にどうも。大丈夫ですよ」と彼女。こうしたやり取りがありながら無理に席を譲るのも、あまりに相手を年寄り扱いしているようで失礼な気がした。俺は仕方なく再び本のページに眼を落とした。

次の駅に電車が停車し、近くの席が空いた。中年女性と先ほどの女性がほぼ同時にその空席に歩み寄る。中年女性が「どうぞ」と空いている席を促した。今度は彼女も断らなかった。「ありがとうございます」と言って、その申し出を受け入れた。やはり座りたかったのである。そして俺のやり方は、相手に遠慮させることなく受け入れてもらえるような洗練されたものではなかった。

どうして最初に眼が合ったときに、スパッと立って席を譲らなかったのか。一度躊躇しておきながら、改めて申し出たのも時機を逸した行為であった。レディーをスマートに扱うのはなかなか難しい。俺もまだまだ青二才だなと思い知らされた夜だった。



Feeded by morning star
【2007/02/20 18:41 】 Woman | コメント(12) | トラックバック(0) |

あなたさまのほうが、おジーさんに見えましたのよ! おホホっ。
あら、シツレイオーバー、肉体的&精神的にオツカレがたまっているようにお見受けしましたので。

Returned by おばぁさん #YG9ONXHE|URL|
【2007/02/20 19:12】[ 編集 ]

以前、ガラ空きの電車の
シルバーシートに座ってたら、
「なんでここに座ってるの?」と、
老人に咎められたことがありました。
これもなんだかな~…。

Returned by びっきい #-|URL|
【2007/02/20 21:51】[ 編集 ]

よくありますね、こうゆうこと!
なぜか良いことをしているつもりなのに罪悪感にさいなわれます。

きっと相手方も、ほんとうは受け入れたいと思っているがそのまま「はい」と一つ返事をすることがはずかしかったのではないでしょうか?親切をする側にも葛藤があり、される側にも葛藤があったのではないでしょうか?でもほのぼのします。

Returned by ラビット #-|URL|
【2007/02/21 08:18】[ 編集 ]

高田渡の歌で”夕焼け ”というのがあります。ほぼ吉野弘の詩を引用した歌詞です。

 歌詞=高田渡 曲=高田渡

いつものこと 電車は満員
そして いつものこと
若者が坐り 年寄りが 立っていた

うつむいていた娘 年寄りに席をゆずる
礼もいわずに 年寄りは 次の駅で降りた
娘は坐った が また 別の年寄りが
娘の前に 娘の前に

娘はうつむいた が また
年寄りに席をゆずる 年寄りは礼をいって
次の駅で降りた  娘は坐った
二度あることは三度という通り別の年寄りが
娘の前に 娘の前に

かわいそうに娘 うつむいて うつむいたまま
席をゆずらず  次の駅も 次の駅も
口唇をかみしめ つらい気持ちで
娘はどこまで どこまで行くのだろう
口唇をかみしめ つらい気持ちで

やさしい心に責められながら
美しい夕焼けもみないで

口唇をかみしめ つらい気持ちで
美しい夕焼けもみないで 
              ♪

なんかMOの旦那が、この歌の娘に見えてきた・・・・・恐っ!

ところで、吉野宏の元詩には、
「やさしい心の持ち主は
 いつでもどこでも われにもあらず受難者となる。
 なぜって やさしい心の持ち主は
 他人のつらさを自分のつらさのように 感じるから。」
という一節がありますが、他はほぼ引用しているのに、ここだけごっそり割愛しています。歌いにくいというのもあったかもしれないが、高田渡はあえて省いたように思います。

”夕焼け”のおやじ版で、黒田三郎の詩を歌った”夕暮れ”という曲があります。これも高田渡ですが、なかなか沁みるです。
今度、例の店で聞いてみてください。 夕暮れが待ち遠しい、古野より




Returned by 古野ですが #-|URL|
【2007/02/21 14:32】[ 編集 ]

以前、視覚障害の方がバスに乗っていらして
見ている間もなく後方の席の方がわざわざその方を
誘導して空いてる席に座らせてあげていました。
近くにいた私はずっと後味が悪かったです。
数日後、同じ視覚障害の方が乗っていらしたので
その時はわれ先に?席を立ってお譲りしましたが
私の自己満足に過ぎない。なんだか複雑な気分になりました。
タイミングって難しいですね。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2007/02/22 09:38】[ 編集 ]

おばぁさんへ


>肉体的&精神的にオツカレがたまっているようにお見受けしましたので。
いえいえ。けっこう元気にしてますよ。
ご心配、ありがとうございます。
おばぁさんは、オツカレじゃないですか?

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 11:19】[ 編集 ]

びっきいさんへ

>ガラ空きの電車のシルバーシートに座ってたら、
>「なんでここに座ってるの?」と、
>老人に咎められたことがありました。
確かにそういう人いますね。
優先席を専用席と思い込んでいるのでしょう(笑)。
がら空きなら誰がどこに座ろうと問題ないはずですよね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 11:23】[ 編集 ]

ラビットさんへ

こういうことってやりなれていないと
なかなかスマートにできないものですね。
女性の扱いもそうです(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 11:24】[ 編集 ]

古野ですがさんへ

>他はほぼ引用しているのに、ここだけごっそり割愛しています。
>歌いにくいというのもあったかもしれないが、
>高田渡はあえて省いたように思います。
なるほど。私も高田渡はあえて省いたように思います。
ないほうがずっといいです。
言葉をぎりぎりまで削ぎ落とすことによって
情感が増す好例でしょうね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 11:28】[ 編集 ]

ともちゃんへ

>私の自己満足に過ぎない。なんだか複雑な気分になりました。
その視覚障害の方が安全に心地よくバスに乗れたのなら、
誰がどんなタイミングで譲ってもいいのではないでしょうか。
ともちゃんの厚意は間違いなく感謝されているはずです。
いろいろなことを考えすぎると
何もできなくなりますね(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 11:37】[ 編集 ]

席を譲るのってタイミングが難しいです。
譲ろうと思っても目が合わないと言い出せなかったり。
無理にどうぞともいうのもなんだし。
でも、譲らないでいるとなんか後ろめたい感じがしたりして。

Returned by マスター #-|URL|
【2007/02/22 13:00】[ 編集 ]

マスターさんへ

私たちが席を譲られてしまうような世代にならないと
その心理が分からないのかも…(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/02/22 21:56】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/154-56a33be2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。