title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

俺の友人の一人に、行方不明になっている者がいる。

彼とは同じ高校に通ったのだが、親密になったのは大学に入学してからのことだった。高校時代まではむしろ目立たない存在だったその彼が、大学入学後から急にモテはじめた。決して二枚目とか美少年というタイプではなかったのだが、俺たち男には分からない、女性の琴線に触れる何かがその頃の彼に芽生えたのかもしれない。

大学卒業後、彼は一流大企業に就職し、大阪の支店に配属された。彼のモテ人生はかの地でも続いたようで、ほどなくして会社でも美人と評判だった女子社員を射止め、華燭の典を挙げた。披露宴で見た新婦は、可憐で男に尽くす女性に見えた。まさに、彼が好きなタイプの女性だった。

次に彼に会った時にはその奥さんと別れて、二人目の奥さんと結婚していた。相手は彼が担当していたお得意先の令嬢だとのことで、やはり最初に結婚した女性とどことなく似た雰囲気があった。再婚後、彼は会社を辞めて義父に出資してもらって会社を興した。彼が東京に出張に来る度に呼び出され、数人のクラブのホステスと一緒に食事をし、同伴で店に入り酒を呑んだ。テーブルにはスコッチのボトルと並んで弁当箱のように大きな携帯電話が乗っていた。

しばらくして、2人目の奥さんとも別れて3度目の結婚をしたと風の噂に聞いた。3度目ともなると、正直言って「またか…」と思った。その頃から彼と俺の間に行き来はなくなっていった。

最近、ある友人の口から久々に彼の名前を聞いた。その内容は俺にとって、いささかショッキングなものだった。その友人の話によると、彼は3度目の結婚の後、いろいろな事業に手を出したが、そのどれもがうまくいかなかったという。そして、資金繰りに困ると友人に頼み込み、次々と借金を重ねていったらしい。中には俺の常識では考えられないような相当な額を貸した友人もいるとのことだった。話を聞くと、彼が興した事業とはどこか怪しげで、中には明らかにネズミ講と思われるようなものもあった。それに融資したとなると、貸した方もある意味自業自得である。そして、彼は友人数人に多額の借金を残したまま姿をくらまし、今も行方不明とのことだった。

高校時代の、どちらかというと地味なイメージの彼からは想像できないような、その後の人生である。中学時代から彼を知るその友人は、やはり大学時代に彼の転機があったのではないかと言う。思い当たる節がないでもない。その頃、彼の中で何かがカチリと音を立てて外れたのかもしれない。




Feeded by morning star
【2007/01/18 13:12 】 Old Days | コメント(4) | トラックバック(0) |

決して二枚目とか美少年というタイプではなかったのだが、俺たち男には分からない、女性の琴線に触れる何か・・・・

私の友人で、行方不明になっている♂も、まさにそのタイプです。

Returned by もも #KXh6iZ8A|URL|
【2007/01/18 21:30】[ 編集 ]

真実は小説より奇なり。
ご無事をお祈りします。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2007/01/19 10:48】[ 編集 ]

ももさんへ

>私の友人で、行方不明になっている♂も、まさにそのタイプです。
見失ってしまったのですか…?

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/01/19 12:21】[ 編集 ]

ともちゃんへ

>ご無事をお祈りします。
どこかできっと、がんばっていることと思います。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2007/01/19 12:24】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/148-965f7119

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。