title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

海上自衛隊 陸上自衛隊、岡山県警、愛媛県警とWinnyのウイルス感染による機密漏えい事件が後を絶たない。こうした事態を受けて昨日、安倍官房長官が「国民一人ひとりが注意し、対策を取らないと、情報漏えいを防げない。もっとも確実な対策はパソコンでウィニーを使わないことだ」とのコメントを発表した。夜には小泉首相も「やはり注意してもらわないといけない。(情報流出の)危険性あるものは使わない方がいい」と発言した。冗談ではない。まるでWinnyにさえ感染していなければ問題は起きなかったと言わんばかりである。

公的機関からの相次ぐ機密漏えいの問題の本質は、Winnyのウイルス感染にあるわけではない。情報管理の杜撰さこそが問題なのである。機密情報をそのような「外部=私物のパソコン」に持ち出すことさえなければ、そのパソコンでWinny を使っていようと、そしてそれがウイルスに感染していようと、漏えい問題は起こりようがないのだ。

個人情報保護法が施行され、その対応の中にはいき過ぎと思えるものもある。国は企業や個人の防衛本能を刺激して過剰な法対応を煽っておきながら、一方、個人情報が集中している公的機関における杜撰な取り扱いに関しては寛容、無関心で、今回のようなお門違いのコメントを吐く始末。あの法律は政治家や官僚が自らの都合の悪い情報を隠蔽するためにつくったもので、鼻から一般庶民の情報を守ることなど意識にないことを図らずも露呈してしまったようだ。

機密情報漏えいに対する「もっとも確実な対策はパソコンでウィニーを使わないこと」ではなく、情報管理を徹底することである。そういった意味では今回の一連の事件ではそれぞれの公的機関に重大な過失があったといえる。だが、安倍官房長官や小泉首相の発言には、明らかにその責任の所在を隠蔽しようという意図が見える。問題のすり替えであり、責任の押しつけであり、国民に対する欺瞞である。

公務員宿舎が都内の一等地に集中しているという批判に対して森元首相が「国会(の答弁準備)で役人を徹夜させるからだ」とした発言も同じ。「責任は我ら国会議員の方にある」ということらしいが、役人優遇批判に対する回答の態をなしていない。問題をすり替え、問われることのない責任を背負って見せ、役人に媚を売り、批難の対象をあいまいに葬り去る姑息な論法である。

この国で、政治家や役人に筋の通ったまっとうな発言を期待する俺も、世間知らずすぎるけれどね。


Feeded by morning star
【2006/03/16 22:47 】 News | コメント(1) | トラックバック(0) |

いやいや、私も同じようなことを考えていました。
自分たちのことを棚にあげて、よくもまあ言えるものだと。(笑)
とは言え、個人のPCでも知らない間に情報が流れているかも知れないので警告してくれるのは、よろしいのですが、国民に呼びかけるよりも、企業や団体に徹底するように呼びかけて欲しいですね。

Returned by りゅう #QIGpv1DA|URL|
【2006/03/16 23:25】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/14-7e31ec55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。