title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

自分で髪を切るようになったため、もうかれこれ10年以上散髪屋に行ったことがない。おかげで今では、自分で髪を切るのを面倒くさいとも思わなくなった。気になったときにいつでもさっさと済ませられるところなど、むしろ手軽だとさえ思える。これが散髪屋に行くとなると、大切な休日の午前中が丸々つぶれるということにもなりかねない。そんな俺でも、時々散髪屋を懐かしく思うことがある。行ってみたいなぁと思うときがある。もちろん、もっとかっこよく髪を切ってもらいたいというわけではない。散髪屋に行ってみたい理由は、髪を切ってもらうこと以外にある。

たとえば、マッサージ。俺が行っていた散髪屋の親爺は、むしろこっちのほうが本職じゃないかと思えるくらいにマッサージがうまかった。とにかく、すこぶる気持ちがいい。しっかりとした重量感のある心地良い刺激に、思わず陶然となる。「最近、けっこう疲れがたまっているんですよね」などと言うと、「そうですか」と言っていつもより長めに、丹念に、首や肩、背中をマッサージしてくれた。それだけですごく得した気分になったものだ。マッサージを入念にやってもらって値段が変わるわけでもない。いや、散髪代をはずむから、しばらくやっていてもらいたいくらいだった。

散髪屋のもうひとつの楽しみは、耳掻きにある。何しろ散髪屋の親爺は、毎日何人もの耳掃除をしてきた、その道のスペシャリストだ。痛くもなく、くすぐったくもなく、そして決して取り残しのないように隅々まで掃除してくれる。うまい。耳掻きによる巧妙な耳への愛撫は官能的ですらある。お姉ちゃんに膝枕をしてもらいながらの耳掻きも行為としては捨てがたいが、やはりその快感と効果は散髪屋に軍配が上がる。

散髪屋の愉悦として忘れてならないのが、髭剃りである。まずは、たっぷりのシャボンを塗られるときのあのブラシの感触がいい。それからあの剃刀の感触。シャリシャリという髯をあたる音ともに、剃刀が肌の上を滑っていく。喉もとや瞼の上、耳たぶ、耳の入口付近までをも剃刀を持った親爺に委ねているというのに、不思議な安心感と心地よさに、うとうとと眠りに誘われることもしばしば。加えて、剃刀が髭や産毛だけでなく、肌の表面の角質をやさしく薄く剥いでいくような爽快感。これは、まさにピーリングだ。髭剃りが終わり、クリームを塗られ、蒸しタオルを当てられる。時間をおいてタオルを取られると、肌が若返っているような気すらした。

最近の安い散髪屋では、髭剃りなどいくつかのサービスを省くことで低価格を実現しているという。しかし、それでは散髪屋に行く意味はないといっても過言ではない。散髪屋は、やはり人のよさそうな親爺がいて、その奥さんが掃除やシャンプーを手伝っているような、昔ながらの床屋という呼び方が似合うような店に限る。そうした店で、ぜひフルコースでお願いしたい。床屋はオヤジにとってのエステだな。




Feeded by morning star
【2006/10/17 16:18 】 Diary | コメント(8) | トラックバック(0) |

うちの散髪屋さんは情報屋さんで、近所の情報が手に入れることができます。そのため、あまり床屋に行くのは好きではないのですが、情報を求めに行ってます。一番好きなのは、マッサージです。なんであんなに気持ちよくなるのか床屋にしておくのがもったいないぐらいです。

Returned by ラビット #-|URL|
【2006/10/17 22:06】[ 編集 ]

「オヤジのエステ」うまいこといいますね~。
私もマッサージ始まると恍惚としてしまいます。
そして蒸しタオル、もう至福の時間です。
私が行っている床屋は親爺ではなく、あんちゃんです。
それも真っ黒い顔に茶髪のサーファー。
でも、腕はいいんです。
鏡の後ろには幾つものトロフィーが並んでありました。

最近1,000円カットまたは自分で切っているので、
行ってないです......

Returned by マスター(治療中) #-|URL|
【2006/10/17 22:46】[ 編集 ]

素朴な疑問・・・
頭の後ろ、どうやって切らはるのん?
ガタガタになりません?
うちのダンナが行ってる散髪屋さんでは、奥さんが女性向けに、お顔剃りと文字通りのエステをやってくれます。
なので、髪は美容院へ行くのですが、時々その散髪屋さんにも行きます。
お店に入る時に、ちょいと勇気が要るんですけどね(笑)
まさしく「オヤジのエステ」は、オバハンにとっても癒しの空間なり~♪

Returned by さっち #2Q1Nccu2|URL|
【2006/10/17 23:33】[ 編集 ]

結婚式の前に何回か通いました。
花嫁コースです。
あの時は何にもしないでも十分綺麗でした。(笑)

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2006/10/18 15:42】[ 編集 ]

ラビットさんへ

散髪屋さんには近所のいろいろな人が訪れ、
長い時間を過ごすので、
自然に情報が集まってくるんでしょうね。

散髪屋さんのマッサージって本当にうまいですよね。
散髪屋さんにマッサージだけという
メニューがあるとありがたいのですが(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/19 14:00】[ 編集 ]

マスターさんへ

真っ黒い顔に茶髪のサーファー。
腕がいいなら、その意外な風貌も受け入れられそうです。

マスターさんも「自分でカット組」でしたか。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/19 14:04】[ 編集 ]

さっちさんへ

私の髪はほとんど坊主頭に近いので
電気バリカンで刈っています。
髪の長さを調節するガイドが付いているので、
刈り残しがないように手で確認しながら、
何度も後頭部を刈り上げていけば何てことないです。

そういえば、私が行っていた散髪屋さんでも
時々女性客を見かけましたね。
パーマなどをかけず、単にカットするだけなら、
絶対に美容院よりコストパフォーマンスがいいと思いませんか?

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/19 14:09】[ 編集 ]

ともちゃんへ

ありましたね、花嫁コース。
結婚式前にうちのも何回か通っていました。
確か貸衣装屋さんで衣装を借りたときに
セットになっていたのではと思います。
多分、家人はそれ以来エステなるものに行ったことはないと思います。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/19 14:13】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/119-79cf6eee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。