title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

黄昏時。電車の揺れに会社帰りの疲れた身を委ねていると、不意に沿線の家の夕餉の光景が眼に飛び込んでくることがある。たとえばそれは、決して大きいとはいえないマンションの、これまた小じんまりとしたベランダの窓に切り取られた、どこにでもある一家団欒の風景。おそらくそれは、家族が一日のうちでいちばん幸せな気分に包まれる時間に違いない。にもかかわらず、その光景に小さく胸が疼くのは何故だろう。

人様の暮らしぶりを心ならずも覗いてしまったという後ろめたさなのか。その食卓のあまりの慎ましやかさに胸を突かれたのか。はたまた、まだ幼かった自分が家族と共有したほのかに温かいひとときへのノスタルジーなのか。それとも、今まで自分がそのような時間をあまりにおろそかにしてきたことへの改悛の情なのか。そのどれもが違うような気がする。あえて言うなら、まだ幼き我が子を見つめているうちに、そのあまりの儚さに思わずギュッと抱きしめたくなる、そんな感覚に似ているかもしれない。

「庶民」とは一部の特権階級を除いた、その他ひとつの大きな塊ではない。一人ひとりが、ちっぽけで、脆くて、でも、かけがえのない大切なものを、必死に守りながら身を寄せ合って生きている。政治に携わる者には、確かにそれなりの知識も、経験も、時には度胸も必要だろう。だが、いちばん大切なのはか弱き存在を思いやれる感性だ。今の政治家には、そんな当たり前の、そしていちばん大事なものが抜け落ちている。



Feeded by morning star
【2006/09/27 15:37 】 Politics | コメント(12) | トラックバック(0) |

おっさん、なかなかええこというなあ。

一家団欒の話、僕も同じようなことをよく感じます。
彼らとは一生知り合うこともないけど、
めいめいが今、生きてるんだなあ、といった感慨でしょうか。

国木田独歩の短編小説「忘れ得ぬ人々」では、
作中人物が船旅の途中、見知らぬ島の影で見た
名もなき一人の漁師の姿が目に焼きついて、
何年も忘れられないと語っています。
百人一首にも、同じようなことを詠った句があったなあ。

「美しい国」などととってつけたことを言ってるブルドッグは、
前任のポチ同様、日本人古来のそれこそ「美しい」心性を
かけらも持ち合わせていないようですね。

Returned by ピッチャー江草 #-|URL|
【2006/09/27 18:57】[ 編集 ]

ピッチャー江草さんへ

国木田独歩とは、またシブイ…。
「忘れ得ぬ人々」ね。今度見つけて読んでみます。

ブルドッグの言う「美しい国」とは
庶民がみんな右へ倣えで教化され、
悪夢のような経験をさせられた
あの時代の日本のようです。
まっぴらごめんです。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/09/28 11:36】[ 編集 ]

そう言う意味では、のんべい横町に並ぶ、一軒々のガラス越しの風景にも、そういう儚さがあるように思う。
知らない町の、知らない横町だとなおさらそう感じる。
裸電球に照らされて、カウンターに肩を寄せ合って、酒を飲む人たちの姿。
エドワードホッパーの絵のような光と影・・・・・
とかいいながら、入るとバカな話ばっかりしてたりするんだよね。
家庭だって一緒だと思うよ。
「ったく、しんみりするのは自分のせいだよ。男はすぐしんみりしたがる!」なんて
ゴールデン街ならどやされるよ!








Returned by 古野ですが #-|URL|
【2006/09/28 20:21】[ 編集 ]

今の日本丸を操舵している政治家は、我々庶民が求めている姿とは明らかに違う。
日本が進むべき道は、日本国民の幸せと希望を蔑ろにしてあろうはずはない。
庶民の痛みを知っている政治家がどれくらいいるのか。
保身の術にたけている政治屋ばかり目についてしまうのは私だけだろうか。

Returned by マスター(治療中) #-|URL|
【2006/09/28 23:29】[ 編集 ]

先日夕食後に娘と二人でウォーキングをしました。
ナイターで練習する少年野球の子供達の姿を垣間見て
ただ単純にこの子供達に住みよい世の中になって欲しいと
思ってしまいました。
我々親もいつまでも生きてはいられません。
次世代の子供達のための政治にをしてほしいです。
難題はいつも先送りで・・・。

Returned by ともちゃん #-|URL|
【2006/09/29 08:16】[ 編集 ]

古野ですがさんへ

そうですね。
私たちにとって身近な
あの横丁にもそんな風情がありますね。

ゴールデン街は今も独特のエナジーを放っているようですね。

以前に言っていた「深夜バスぶらり途中下車」、
やってみたくなりました(笑)。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/09/29 12:43】[ 編集 ]

マスターさんへ

何でこうも国民の声が政治に反映されないのか。
マスターさんだけでなく
多くの人がそう思っているのではないでしょうか。
本当に歯がゆい思いです。
大資本やアメリカの声はよく聞こえるようですがね…。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/09/29 12:47】[ 編集 ]

ともちゃんへ

本当にそうです。
子供たちのことを思うと、
このままではいけないと切に思います。
しかし、何の痛みも感じていない政治家にとっては
このままのシステムが温存されるのが
一番都合がいいのでしょうね。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/09/29 12:52】[ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Returned by #||
【2006/09/30 15:35】[ 編集 ]

「美しい国日本」に変えられるように、今の政治家にがんばっていただきたいものですが、格差社会、年金問題、少子化、外交などいろいろ問題が山積みです。上からの目線だけではなく、庶民の目線から考えればもう少し今よりもましな社会になるのだと考えます。
そして、世界から尊敬される国になってほしいと思います。

Returned by ラビット #-|URL|
【2006/10/01 12:42】[ 編集 ]

アリスさんへ

ようこそ、我がブログへ!
また、ぜひお越しください。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/02 10:48】[ 編集 ]

ラビットさんへ

>庶民の目線から考えればもう少し今よりもましな社会になるのだと考えます。
本当にその通りだと思います。
しかし、今の政治家は地盤、看板、カバンを世襲した2世、3世議員だらけ。
そもそも庶民の視線など持ち合わせていないのではと危惧しています。

Returned by morning star #VizADBpE|URL|
【2006/10/02 10:50】[ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://killerpass.blog56.fc2.com/tb.php/113-ecb2b4a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。