title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

先の日曜日、自転車で西荻窪に行ってきた。西荻窪は大学時代に住んでいた思い出深い街である。しかし、ゆっくりとこの街を訪れるのは卒業してから初めてのことだった。当時は、同郷の友人2人と6部屋ある安アパートの3室をそれぞれ借りて住んでいた。今は友人二人とも故郷で暮らしているが、そのうちの一人とメールで近況を報告し合ううちに、「あの懐かしい西荻窪を見てきてほしい」と頼まれ、行ってきた次第である。

すっかり縁遠くなっていた西荻窪の街だが、自転車で来てみると案外近い。家を出て1時間半ほどで懐かしい駅前に到着。
駅前
露地
一見すると駅前は、あの頃と全く変わっていないように見える。が、一歩駅前の路地を入ると、雰囲気が一変していた。呑み屋が軒を連ねていたあたりはまるごと建て替えられ、1階にはおしゃれな店舗が入り、上階はマンションになっていた。

アケタの店
さらにその奥に進んだところにあるライブハウス。当時でも十分に古ぼけた建物に入っていただけに、いまだにこの建物とこの店が残っているとはちょっと意外だった。頑張ってる。

駅前通り
稲荷
駅前から続く商店街も、よく見てみるといろいろと変わっていることに気付かされる。そんな中にあって、通りの途中にあるお稲荷さんの鳥居とその脇の八百屋さんは今も健在だった。人参1本、じゃがいも1個から売ってくれるこの八百屋さんは一人暮らしの身にはとても重宝な存在だった。そういえばあの頃は、野菜は八百屋、肉は肉屋で買っていた。駅に入っているスーパーではほとんど買い物をした記憶がない。

銭湯
通っていた銭湯も今はない。マンションに建て替えられ、併設されたコインランドリーだけがここが銭湯であったことを偲ばせる。近くの路地を入ったところにあった3人が住んでいたオンボロアパートも、こぎれいな建物に建て替えられていた。貧乏学生ではとても住めそうにない。

戎
友人と毎晩のように飲んでいた、中央線高架脇の路地。当時2軒あった焼鳥屋の「戎」は、その後、この通りだけで4軒に増えていた。ある時、ある事件があって「戎」を出禁になって以降、代わりに足繁く通った店も、今では4軒ある「戎」のひとつになっていた。居抜きで買い取ったか、借りたようで、表から覗いた店内の様子は通い詰めたあの店のままだった。金がなくて店の前を素通りしようとして店主のオヤジさんに呼び止められ、ただ酒をご馳走になった思い出がふと甦る。故郷の新潟で釣ってきたという鮎を焼き鳥台で焼いてふるまってもらったこともある。うまいものを食わせ、うまい酒を呑ませて、人の喜ぶ顔を見るのが好きな気のいいオヤジさんで、とてもかわいがってもらった。なのに、なぜ、この街を、あの人、今まで訪ねてこなかったのだろう。結局は、就職して新しいこととの出会いにあふれる毎日に流され、お世話になった大切なものを振り返る余裕もない大馬鹿者だったのだ。不覚にも涙しそうになる。

当時同じアパートで過ごした友人に、西荻で撮った写真を送信する。懐かしさと喪失感が入り混じった複雑な思いは友人も同じようであった。いつの日か、あいつとまたこの街で呑みたい。

西荻窪 2015.04.26(SUN)

走行距離:68.96km 走行時間:4時間12分 平均時速:16.4km/h

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2015/04/30 22:35 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

先週日曜日は、天気予報もまずまずだったので、いよいよ最後のお礼参りポタリングに出掛けることにした。

湯島天神
多摩川を渡り、世田谷通りを抜け、都心を走り、2時間余りで湯島天神に到着。受験シーズンにはほど遠いこの時期は合格祈願の参拝客も少ない。しっかりとお礼をして、これで合格祈願に訪れた神社すべてのお礼参りをすませたことになる。何かをやり遂げた後の寂しさが漂う(笑)。

浅草寺
ついでなので、浅草まで足を伸ばしてみる。湯島からは自転車ですぐである。浅草界隈はものすごい人出。浅草寺もこのありさまである。やたらと外国人の姿が眼につく。

スカイツリー
隅田川対岸に見える東京スカイツリー。無粋な鉄の塔は、浅草から見える風景としてはやはりしっくりこない。

アサヒビル
アサヒビールタワーに写り込む東京スカイツリー。このくらいの存在感なら許せるか。

この後両国を回り、帰路に着く。東京駅あたりで、予報に反して雨が落ちてきた。自転車に乗っていると、雨に濡れて光るマンホールは見るだけで怖い。受験が終わっても、滑るのはごめんこうむりたい。

2015.04.19(SUN) 湯島天神・浅草

走行距離:90.78km 走行時間:4時間47分 平均時速:18.3km/h



Feeded by morning star
【2015/04/24 23:14 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

先日アップした4月16日の記事とは日にちが前後するが、12日にポタリングがてら、まだお礼参りのすんでいない鎌倉の荏柄天神社を訪れた。正月に初詣を兼ねて息子の合格祈願に訪れた神社だ。

この日は、「流鏑馬」の行事で知られる「鎌倉まつり」の初日にあたっており、鎌倉の街はたいそうな賑わいを見せていた。

ミス鎌倉
まつりの主会場である鶴岡八幡宮の鳥居前ではミス鎌倉のお披露目も行われており、思わぬ眼福にあずかった。

舞殿
境内にある「舞殿」では、「静の舞」の準備が行われていた。「静の舞」とは、源頼朝の命により静御前が舞ったと伝えらえる伝統的な舞を奉納する行事で、いっそうの混雑が予想された。この日の目的はまつりの見物ではないので、そうそうに鶴岡八幡宮を後にして、荏柄天神社に向かう。

荏柄天神社は、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮とともに日本三天神社と称され、菅原道真を祀った学問の神様として名高い。正月に訪れた際の参拝客はそのほとんどが合格祈願の人々だったように思う。まあ、受験を間近に控えた時期でもあるし、ここに初詣に訪れるということはそういうことなのだろう。

荏柄天神社3
荏柄天神社
荏柄天神社2
荏柄天神社は、閑静な住宅街の中にひっそりと佇んでいた。鶴岡八幡宮周辺の混雑とは別世界のようだ。

荏柄天神社5

荏柄天神社4





























正月に訪れた時は、こんな混みよう。場所を詳しく知らなくても一目見てそれと分かる人の流れについて来れば到着できた。

裏道
鶴岡八幡宮や小町通りの喧騒とは打って変わって、この界隈は歩いている人もまばらで、源頼朝の墓や荏原天神社、鎌倉宮などを結ぶ散策経路を少し外れるとこんな感じで、人影すら見えない。

この後、江の島、藤沢を抜け、境川サイクリングロードを経由して帰宅した。実はこの翌週、つまりは先の日曜日にも、とある神社にお礼参りに出かけてきた。それはまた次の機会に紹介する。いったいいくつの神社にお参りしたのか(笑)。ともあれ、お礼参りができること自体はめでたいことである。

鎌倉お礼参り 2015.04.12(SUN) 

走行距離:81.43km 走行時間:4時間24分 平均時速:18.5km/h



Feeded by morning star
【2015/04/22 23:07 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

ここのところ、関東地方は寒かったり、天気がすぐれなかったり、風が強かったりと、春とは名ばかりで、陰鬱な日々が続いていた。ところが今日は一変して、空は晴れ渡り、陽気にも恵まれ、本当に春らしい一日となった。この陽気はしばらく続くらしく、ようやく本格的な春の訪れを迎えたといったところか。

柔らかな陽光の下、街も、道行く人々も、一気に春めき、快活さを取り戻したように見える。とりわけ女性の美しさが際立って見えた。着ている服も軽やかになり、街に彩りと華やぎをそえる。この時期が、一年で一番女性が美しく見える季節といったら、女性に対して失礼になるだろうか。女性も自然の一部で、長い冬の間押し込められていた気分が一斉に解き放たれ、その浮き立つような思いが美しさとなって花開くのかもしれない。叶うことなら、桜花のように儚く散ることなく、長く咲き誇ってほしいものだ。



Feeded by morning star
【2015/04/16 23:17 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

タイトルは、もちろん「童○狩り」ではない(笑)。昨日は夕方から用事があったので、丸1日休みにしてしまった。とはいえ、出かける15時ごろまでやることも特に思いつかなかったので、自転車で桜を愛でに出かけることにした。

桜台
まずは、自宅の近くから。桜台あたり。その地名通り、街路樹に桜が植えられていて、この時期美しい景観を見せる。夏には、道に張り出した枝葉が涼しげな木陰をつくる、きれいな通りだ。

恩田川1
恩田川2
4日前にも訪れた恩田川。前に来た時より開花が進んで、まさに今が見ごろ。

桜美林
町田を抜け、淵野辺の桜美林大学へ。この日は新入生のオリエンテーションでもあったのか、サークルの勧誘が行われていた。「桜美林」の名は桜に因んだものではないはずだが、どうしてどうしてこのあたりの桜もなかなか見事。

尾根緑道
尾根緑道2
桜美林大学の裏から多摩境へ抜ける尾根緑道、別名戦車道路。緑が多く、適度のアップダウンもあって散策にはもってこいの緑道も、この時期は桜に彩られる。

境川大和
尾根緑道を外れ、淵野辺あたりから境川に入る。境川べりも、ところどころに見事な桜が咲いている。ここは、境川を14kmほど下った大和あたり。

引地台公園
大和でランチをとった後、引地台公園へ。平日にもかかわらず、たくさんの家族連れが桜の下で弁当を広げていた。弁当を買って、ここでランチにする手もあったな。

引地川
こちらは引地川。このあたりも桜の名所のひとつである。

海軍道路
海軍道路2
高座渋谷で引地川に別れを告げ、瀬谷へ抜ける。真っ直ぐに伸びる直線道路「海軍道路」の上瀬谷付近は、3km以上にわたって道路の両脇に桜が植えられている。この区間は幅がそれほど広くないので、道路上に伸びた枝が見事な桜のアーチをつくる。

海軍道路3
あたりの畑にも、花びらが降り積もる。

環状四号
環状四号線。十日市場を過ぎるあたりまで約4.5kmの桜並木が続く。

この日は思いつくままに桜の名所を巡ってみたが、出かける前の短い時間でも結構な場所を回れるものだ。どこへ行っても美しい桜が見られるこの時期のポタリングは飽きることがない。

チェリー・ハンティング 2015.04.02(THU)

走行距離:62.72km 走行時間3時間35分 平均時速:17.5km/h




Feeded by morning star
【2015/04/03 22:43 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。