title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

昨日、福井県おおい町の町議会は、12人中11人の賛成多数で大飯原発の再稼働を了承した。先月の26日に開かれた住民説明会では、住民から「再稼働判断は拙速だ」とする意見が続出したというのにもかかわらずこういう結果が導かれるあたり、小さな町の町会議員とはいえ、彼らも立派な政治ゴロということか。

原発の存続に関しては、今回のように反対派と推進派に色分けされて語られることが多いが、事はそんなに単純ではないと思う。福島第一原発の事故以来、政治屋や原発メーカーなど原発を推進することによって利益を得られるごく一部の人を除いて、ほとんどの人が原発はない方がいいと考えているのは間違いないと思う。しかし、原発廃絶という思いは同じでも、そこに至るまでの道程に関しては、人によってそれぞれ思いが違うのではなかろうか。

今すぐ全廃できるのか、できないのか。仮に、今すぐ全廃することができない(現実的でない)と判断した場合には、どの程度のメリットを見込んで、どの程度のリスクを引き受けていくのか。ここらあたりは意見が分かれるところだろう。

どのような安全基準に基づいて、どのような廃炉スケジュールで、いつまでに原発を廃絶するのか。その計画の後ろ盾として、どのような開発行程のもとに代替エネルギーを手当てしていくのか。そういった具体的な道筋こそが話し合われるべきで、ひとつひとつの原発をとらえて再稼働に「賛成だ」「反対だ」いう議論は、あまり意味がないように思えてしようがない。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2012/05/15 16:53 】 Diary | コメント(1) | トラックバック(1) |

小さいころから、将棋も囲碁もからっきしダメだった。何手か先を読んでいるうちに、頭の中の盤面がぐちゃぐちゃになってしまうようなありさまで、一度も熱中できた経験がない。しかし、棋士たちのさまざまなエピソードには、ある種人間離れした能力を持つ、スーパーエキスパートとして生きてきた者ならではの妙味、深みがあり、全くの門外漢でありながら興味をひかれることが多い。

先日も、米長邦雄永世棋聖がコンピュータ将棋ソフトと対戦した時のことを語ったちょいと面白い新聞記事を目にした。彼が対戦したのは、過去の何万局ものデータを蓄え、最大で1秒間で1800万手を読むというコンピュータ。これを相手に人間側が最善手を指し続けたとしても、とても敵うわけがない。そこで彼が取った方策が「最善の手は取らない」ことだった。彼はいきなり6二玉という、あり得ない手から始め、コンピュータを惑わす作戦に出たという。実際、コンピュータは自分のデータにない「奇手」に戸惑い、飛車を無駄に左右に動かし、リスクを回避するようなそぶりも見せたらしい。しかし、ここぞという場面で米長は勝負に出て、最善手を指してしまう。それが痛恨の一手となり、対戦を落としてしまったという。

今回は米長を破ったとはいえ、コンピュータは計算しつくしたものと計算では読めないものを総合的に判断する力、つまり「大局観」を持つことはできない。それを念頭に指し続ければ人間が完全にコンピュータに負けるのはかなり先のことになるだろうと米長は言う。

ここのところ日本は過去に経験したことのない「奇手」に見舞われ続けている。従来であれば、政治家が官僚というコンピュータを使い、処理させておけば何とかなったことが、どれも手詰まりになってきている。今、日本に求められているのは、まさに「大局観」を持つリーダではなかろうか。いっそのこと、プロ棋士やプロ雀士に政治を任せてみるのもいいかもしれない。



Feeded by morning star
【2012/05/14 15:02 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(1) |

俺は毎年、暑い時期になると短パンで出勤し、会社に着いてからジーパンに履き替え、退社時にまた短パンに履き替えるということをしている。ところがだ。これが、行きつけの店のママに言わせると「常識に欠けている」出勤姿ということになる。特に、クール素材のシャカシャカとした質感がよろしくないそうだ。

汗ばむほどの陽気となった昨日のこと。街を歩いていて、とんでもない恰好をした人に出会った。それは、見るからにホームレスといったいでたちの初老の男性だった。かといって、彼の服装が特別に不潔だったわけではない。むしろそういう人にしては小ぎれいな方であった。とんでもなかったのは、着用していたアイテムである。何と、彼が下半身にまとっていたのは、可愛らしいミニスカートだったのだ!確かに涼しそうで、これからの季節にはよさそうだが、そのビジュアル・インパクトにはぶっ飛んだ。俺の短パン出勤なんて、常識的すぎてつまんないぐらいだ。ママにもぜひ見せてあげたかった。



Feeded by morning star
【2012/05/02 13:42 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(1) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。