title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

「国との協議を踏まえて、原子力損害賠償法に基づき誠意を持って対応する」。

原子力損害賠償法3条1項
「原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない」

まさか、「原子力損害賠償法に基づ」きとは、「ただし」以下の部分を指して言ってるのではないよね…。ちなみに原賠法第3条第1項の但書では、「異常に巨大な天災地変」とは、一般的には日本の歴史上余り例の見られない大地震、大噴火、大風水災等で、例えば、関東大震災を相当程度(約3倍以上)上回るものをいうとしている。今回の大震災の地震エネルギーは関東大震災の約45倍といわれている。法的には免責事由を満たしているのだが、枝野官房長官は免責の適用について「社会状況からありえない」と明言している。にもかわらず、わざわざ「原子力損害賠償法に基づき誠意を持って対応する」と発言するあたりに誠意が感じられない。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2011/04/13 16:24 】 News | コメント(0) | トラックバック(0) |

このブログの右下、「My Favorite Blogs」から『Gスタジオから』というサイトへリンクを張らせていただいている。リンク先は、いつもお世話になっている呑み屋の常連さんで青森県南部地方出身のフォトグラファー・岩木登さんのブログである。彼は東京で広告写真を撮ることを生業としながら、ライフワークとして八甲田山の森と川を撮り続けている。東北の自然と深くかかわってきた人だけに、故郷の現状に最も心痛めている一人かもしれない。

しかし、心がどんなに痛もうとも、心まで折れてしまうような人ではない。岩木さんは今、「東北を再建しよう」との呼び掛けのもとさまざまな活動を行っている。今週末には車3台に支援物資を積んで宮古か山田町の避難所へ直接届ける予定である。現在、彼のスタジオには日本各地から続々と物資が集まってきているという。こうして支援の輪が広がっているのは第一に岩木さんの人柄によるところが大きいと思うが、同時にそれだけ多くの人々が今の惨状を他人事として看過できない想いでいることの表れでもあろう。

俺もこの週末、家族と一緒に支援物資を買い揃えてきた。いくつかの店を回って集めた物資をまとめると手提げの紙袋ひとつに収まってしまった。行きつけの呑み屋には常連さんから託された同じような支援物資の包みが置いてある。どれもが個人個人で用意した物資であり、十分な量などあるわけもない。しかし、「東北を再建しよう」という岩木さんの呼び掛けに応じたみんなの想いが詰まっているようで心強い。




Feeded by morning star
【2011/04/05 17:28 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。