title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

今夜の対パラグアイ戦は、延長戦での2-0か、0-0でのPK戦で日本の勝ちという結果になりそうな予感がする。とにかく、お互いにそう簡単には得点できないだろう。その中で、延長に入ってスタミナとスピードに優る日本が先制できれば畳み掛けられるかもしれないというのが延長戦での2-0の根拠。疲れの見えたパラグアイを攻め切れなければ川島の活躍でPK戦を制すというのが0-0でPK戦勝利の根拠だ。

それにしても今大会はどのチームも守備が整備されていてなかなか点が入りにくい。その代わり目立つのが、GKミスによる得点。それからゴールキックまたはGKのパントキック1本からの得点、パスミス・トラップミスに乗じての得点、PKによる得点。あとは、誤審による得点だ。とにかく相手の守備陣を崩し切った得点というのが少ない気がする。得点の多くが相手のミスがらみだ。

今夜の対パラグアイ戦も、日本がミスをしなければ最初に書いたような試合展開もありえるんじゃないかな。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2010/06/29 17:30 】 Football | コメント(4) | トラックバック(0) |

いやあ、今朝の対デンマーク戦、見事な勝利だった。飛び道具が2発決まって落ち着いて試合を進められたというラッキーな部分もあったけど、ここへきてやっと選手が持っている本来のクオリティを試合で発揮できるようになり、しかもそれを勝利に結び付けられるようになってきたのが大きい。

先制点となった本田のFKも見事だったけど、2点目となったFKを遠藤が蹴ったのは、実におシャレな選択だった。多分、相手はもちろん、見ていた人の大多数がまた本田で来ると思ったんじゃなかろうか。あの距離で無警戒で蹴らせてもらえれば、遠藤にとってはPKみたいなもん。もちろん相手が遠藤に対して無警戒だったのも、本田のFKのイメージがあまりに強烈だったせいである。そういった意味では、本田は3得点すべてに絡む活躍だったと言っていい。

これまで、カメルーン戦での決勝点はあったものの、慣れない1トップを任され、本領発揮と言うには今ひとつといった感のあった本田。ここへきてオランダリーグ2部のVVVフェンロでプレーしていた頃を髣髴とさせるような存在感が出てきた。しかも、W杯という大舞台にありながら。

とにかく、巨漢揃いのデンマーク選手に当てられても囲まれてもボールを奪われない。身体の強さもさることながら、走りながら1タッチ、2タッチでボールを奪われない位置にコントロールするテクニックも光っていた。また、身体がきつくなってくる試合後半、多くの日本選手の場合、それでも目一杯にいってボールコントロールを失うことが多いけれど、本田は実に落ち着いてクレバーにプレーしていた。瞬間ダッシュでボールを受け、テンポダウンしてテクニックで相手をあざ笑うかのようにいなし、またトップスピードで仕掛ける。そういうメリハリのある動きで相手を翻弄していた。3点目なんかもスピードと角度の変化で相手を振り回し、見事に試合のケリをつけて見せた。デンマークを相手に「お前らとは格が違うんだよ」と言わんばかりのプレー。本田△(本田さんカッケー)。

振り返れば、時に臆病にさえ映る守備的な試合運びの上に、相手に仕掛けていく勇気を積み上げられるようになったのは、オランダ戦の途中からであった。スナイデルに一発見舞われ、攻めざるを得ない状況に追い込まれたのが幸いした。失点後、今大会初めて自ら積極的に仕掛けていく中で生まれた自信が、攻撃に人数をかける姿勢を生み、連動性を生むようになった。そういった意味では、岡ちゃんは日本を覚醒させるきっかけとなったスナイデルに感謝しなければいけない。

次はいよいよ決勝トーナメント。パラグアイはたやすい相手ではない。中3日しかないけれど、覚醒したままゆっくり休んで欲しい。

追記
岡ちゃんの試合後のインタビュー。「W杯の勝利はどれも忘れられない1勝です。ただ自分としてはカメルーン戦の1勝の方が、あの1勝がなかったら何もなかったと思うので、非常に印象深い1勝でした」って、岡ちゃんのW杯での勝利ってこの試合までカメルーン戦1試合しかないじゃん(笑)。

今大会直前から日本のゴールマウスを守るようになった川島。カメルーン戦ではやや不安定なところもあったが、今朝の試合はほぼ完璧。彼もまたこのW杯で一皮むけた感じだ。これまで感情のコントロールに問題があった川島だが、今朝の試合、PKを迎え撃つ直前の顔つきが、必要以上に高揚することもなく気合を漲らせたいい表情だった。決勝トーナメントに入ると、同点の場合にはPK戦で試合を決める。案外、この川島の成長が日本の武器になるかもしれない。



Feeded by morning star
【2010/06/25 11:58 】 Football | コメント(2) | トラックバック(0) |

開催国・南アフリカの決勝トーナメント進出の夢が消えた。前回の準優勝国・フランスを相手に一時は2点のリードを奪い、奇跡が起きるかもと思わせたのだが、マルーダに決められて万事休した。これで南アフリカは開催国として初めてグループステージ敗退を喫した国となってしまった。過去18回の大会で開催国は優勝6回、準優勝が2回。ほとんどの開催国がベスト8以上の成績を残しており、ベスト8に進めなかったは1994年のアメリカと2002年の日本しかない。南アフリカが、こうも早々とお祭りの舞台から降りることになってしまうとは…。

南アフリカだけではない。アフリカ大陸初の開催で活躍が期待されたアフリカ勢だが、カメルーン、ナイジェリアも敗退してしまった。ポルトガルとの得失点差を考えるとコートジボアールも難しそうな状況だ。ほかに決勝トーナメント進出の可能性を残しているのは、グループC4位のアルジェリアとグループD1位のガーナだが、グループステージ最終戦の組み合わせを見てみると案外アルジェリアの方が突破の可能性が高いかもしれない。とにかく可能性が残されているアフリカ勢にはがんばって欲しい。グループステージ終了時点でアフリカ勢全滅なんてことになったら、シャレにならない。

な~んて、上から目線の物言いだが、日本だって決勝トーナメント進出を決めているわけではない。カメルーンに勝っても、オランダに善戦しても、デンマークに負けてしまえば意味がない。頼んだぜ、本田、松井、森本。



Feeded by morning star
【2010/06/23 17:03 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

今日はクライアントとの打ち合わせのために、久しぶりに両国まで出かけてきた。まずは、打ち合わせ前に、あらかじめネットで調べておいたとんかつ屋に向かう。横綱横丁といういかにも両国らしい名のついた細い路地の中ほどにその店はあった。ここのとんかつには薬味に山葵がついてくるという。ここに決めたのは、いつもの横丁の呑み屋で書家の女史 が「とんかつは塩と山葵で食べるのが好きじゃ」と言っていたのを思い出したからだった。

平牧三元豚を使ったとんかつはからりと揚がり、塩と山葵で食すと脂身の甘みが堪能でき、すこぶる旨い。やや小ぶりではあるが、厚さも十分にあり、肉の食感と旨みが味わえる。これにキャベツとご飯がおかわり自由で赤だしの味噌汁とお新香がついて1000円ぽっきりは悪くない。

打ち合わせを終えてから、あたりを少し散策してみた。国技館周辺や近くにある相撲部屋の前にはたくさんの取材陣がたむろしている。例の賭博事件の取材だろう。相撲取りがやくざにいくら金を巻き上げられようがこっちの知ったこっちゃないが、相撲協会を管轄する文科省としては看過できないのだろう。その辺をうろついているとコメントを求められるんじゃないかという妄想にかられ足早に取材陣から遠ざかる。

涼を求めて隅田川べりに降りてみる。川風が渡る川面で、2羽の鵜が気持ちよさそうに漁をしている。水上バスの上から若い外国人女性10人くらいのうちの一人が手を振っている。手を振り返したら、「ワオ!」という嬌声とともに全員が手を振り始めた。まるで、珍獣が芸でもしたかのような反応ではないか。俺はいったい何なんだ。

少し歩くと、近くのちゃんこ屋「霧島」の屋号が入った作務衣を着た男性二人が、仕掛けた網を上げていた。聞くと、小さな蟹や小海老が入るらしい。まさかそれを店で出すわけではないだろうから、仕込みが終わってから開店までのつかの間のお楽しみなのだろう。

両国橋を渡り隅田川から神田川に入る。船宿が点在し、川にはたくさんの屋形船が繋留されている。それを眺めながら、柳橋を渡る。このあたりは柳橋芸者で知られる花街だったそうだが、時の流れのせいか、はたまた昼間だったせいか、その面影は感じられなかった。もっと丁寧に見て歩けば、そこここに往時を偲ばせるものがあるのかもしれない。

そこからは帰り道を見失わないように、総武線沿いを歩く。浅草橋駅を過ぎ、秋葉原駅前に出る。駅前にあった青果市場の建物もなくなり、俺の知っている秋葉原とは一変していた。秋葉原に来たのは、何年ぶりだろう。ここで電車に乗り、帰社することにした。

というわけで、打ち合わせのついでにちっちゃな旅を楽しんできた。けっしてサボリではない。不慣れな土地なので、帰り道に少し時間がかかっただけである。



Feeded by morning star
【2010/06/22 19:03 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

UKのYahoo SportsにW杯の特集の中に、 World Cup 2010 Pawer Rankings という今大会の参加国32チームの戦力ランキングを発表しているページがある。ランキングは、記者による試合の評価の平均を算出したもの、負傷、スキャンダルなど、多くの要因を考慮して毎日試合が行われるごとに修正される。大会当初の日本の順位は27位だったかな。その後、カメルーンに勝って17位にジャンプアップ。現在は19位にランクされている。

そこにそれぞれの国に対する短評も付せられているのだが、現在の日本に対しては、「日本はW杯本戦においてヨーロッパの国と過去5回対戦しているが、勝ったのはたった1度だけで、しかも3試合は得点すらできていない。次はオランダ戦だ」と書かれている。

1度勝ったというのは、2002年のロシア戦(1-0)だ。無得点だったのは1998年クロアチア戦(0-1)、2002年トルコ戦(0-1)、2006年クロアチア戦(0-0)。ちなみにもう1試合は2002年のスイス戦(2-2)。ヨーロッパ勢との対戦成績は1勝2分2敗。1回しか勝ってないというけれど、2回しか負けていない。6割の確率で勝点を獲得している。果たしてオランダ戦はどのような結果になり、対戦後のランキングや短評はどのように変化しているのか、楽しみである。





Feeded by morning star
【2010/06/18 18:15 】 Football | コメント(2) | トラックバック(0) |

W杯も早いものでグループステージも2試合目に入ってきた。昨夜の試合でギリシャが負けていたら今大会最初の敗退チームとなるところだったが、ナイジェリアに勝ったことで何とか踏みとどまった。代わりに、今夜の試合でアルジェリアが負けてしまうと、大会最初の敗退となる(はず)。まだ敗退が決まったわけではないが、開催国・南アフリカも苦しい。グループステージ最後の試合でフランス相手に大量得点が必要な状況だ。もしグループステージ敗退となると、決勝トーナメントに進めなかった最初の開催国という不名誉な記録が残ることとなる。

これまで見てきたチームの中で印象に残ったのは、チリとメキシコ。ともに速いショートパスをよどみなく組み立てていくチームで、見ていて心地いい。特にビエルサ監督率いるチリの素早いパスのリズムは、官能的ですらある。好きだな、こういうチーム、こういうフットボール。

チリとは2008年、岡ちゃんがオシムの後を引き継いでから初めてのテストマッチをやって、0-0で引き分けている。当時の日本は、山岸や羽生、巻など、オシムの残り香たっぷりのチームだった。お互いプレスを掛け合い、ボールを奪うと早いパスワークでゴールに迫るなど似たようなチーム同士で、日本もチリと互角に渡り合えるコレクティブなフットボールができていた。その後、チリは熟成を重ね、こんなにテンポのいいパスサッカーができる好チームになった。それに対して、日本は岡ちゃんが「これからは自分のやり方でいく」と言い出してからいったいどこへ向かっているのやらわからないまま、ここまで来てしまった。オシムの遺産は食い潰してしまい、大会直前にドタバタと方向転換する始末。同じ2年半を費やして、指導者の違いでこれだけの差が出てしまうのがフットボールの怖いところ。岡ちゃんの後任の監督候補リストにビエルサの名が挙がっているという噂もある。いいかもしれない。

いよいよ明日は、オランダ戦。常識的に考えて勝つのは難しいと思われるが、いい試合を見たいものだ。これから大会から姿を消すチームが次々に出てくるだろうが、とにかく日本の場合、理論的にはグループステージ最終の第3戦まで決勝トーナメント進出の可能性が残っているのは何ともありがたい。グループステージ第1戦を勝つというのは、つまりこういうことなんだな。




Feeded by morning star
【2010/06/18 17:52 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

昨日、日本の試合について満足していないと書いたが、世界の日本戦評はさらに辛辣。それが、的外れでないことがなんとも悔しいではないか。

まずは、前日本代表監督のオシム氏。それにしても、この人が指揮する日本代表を南アフリカで見たかったな。
「残念ながら第三者が見たら、非常につまらない試合ということになるかもしれない。日本は日本のよさをほとんど見せることができなかった。カメルーンのミスでゴールが生まれ、カメルーンのミスで失点を免れた」
返す言葉もない。

続いては、英国BBC電子版。
「2つの調子の悪いチームがインスピレーションを見つけるのに苦しんだ生ぬるい試合」
そんなこと言われなくても、大騒ぎする日本のマスコミ以外、みんな分かっているって。

お次は、南ドイツ新聞。
「これが(日本には)最後の幸運」
今度は「運ではなく勝てよ」という意味にとっておこう。

対戦国のマスコミ評は?まずは、オランダのフットボール・インターナショナル誌。
「がっかりさせられる試合」
何とも端的。身も蓋もない。

同じくオランダのテレグラフ紙。
「日本のプレーは良くなかったが、カメルーンよりましだった」
ましと言われても、あまりうれしくないな。

もうひとつの対戦国デンマークB.T.SPORT紙。
「現時点で今大会最低の試合」「先制後は急激にトーンダウン。2-0にするチャンスを自ら棒に振った」
そんなチャンスあったか?

極めつけは、ギュンター・ネッツァー氏。元西ドイツ代表で1972年の欧州選手権優勝のときの司令塔だった天才ミッドフィルダーだ。1974年のW杯優勝のときはオルフガング・オベラーツにポジションを奪われてほとんど出場できなかったけど。
「これが今大会最悪の試合であることを祈るだけ」
あれ以下は…。大丈夫でしょう。多分。

まあ、酷い言われようだ。しかし、今度のオランダ戦を見て欲しい。絶対につまらないとは言わせない。今度は、自信がある。ロッベンの出場は微妙だが、スナイデルやファン・ペルシ、デ・ヨング、ファン・ボメルなどタレントの宝庫だ。カイトやエリアもいる。彼らのプレーを退屈だとは言わせない…。



Feeded by morning star
【2010/06/16 15:22 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

昨夜の日本対カメルーン戦は、本田のゴールで見事(?)勝利。本来とは違う役割を背負わされながらも、得点という結果を出して見せた本田はさすがだった。

それにしても、この試合。勝利したとはいえ実にお粗末な内容だった。俺が見た今大会の試合の中で、一番レベルが低かった。日本戦でなければ相当退屈したに違いない。今大会の、いや昨夜のカメルーンは、強豪国でも、アフリカの雄でも、不屈のライオンでもないただの弱っちいチームだっし、日本はそのカメルーンにようやく、いや幸運にも、勝っただけである。日本代表のポテンシャルはもっとあると思っているだけに不満の残る試合内容だった。

とはいえ、いい試合をしても負けてしまえば意味がない。ワールドカップでは、どんな内容でも、勝つことが重要。フットボールの品評会ではないからね。この勝点3はありがたくいただいておこう。カメルーンの調子がこのまま上がってこなければ、オランダやデンマークも確実に勝つだろう。そうなると、昨夜の勝点がなかったらオランダにも、デンマークにも勝たなくてはいけない状況になりかねなかったのだから。

それにしても昨夜の試合、最後の10分はDF陣がベタ引きの状態で、ドイツ大会の初戦・オーストラリア戦を思い出してしまった。あれでオーストラリア戦の二の舞とならずにすんだのは幸運としか言いようがない。冷静な試合運びとしっかりとしたメンタルで守りきったわけではない。ドタバタしながらもどうにか失点せずにしのげたのは、ひょっとするとこの人のおかげかもしれない。まだまだ言いたいことはあるけれど、まあ、今日はこのへんにしておこう。



Feeded by morning star
【2010/06/15 12:24 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

ついにワールドカップが開幕した。これから仕事も忙しくなりそうなのに、見たい試合は目白押し。テレビのHHDの容量と録画した試合を見る時間がつくれるかが心配だ。以下は、備忘たのめの雑感。

雑感1 南アフリカ-メキシコ
さすが、メキシコ。試合開始から、南アフリカを圧倒していた。あの時間帯に得点できていれば、まったく違った試合になっていたかも。今度、わがチームのコーチが日墨研修生・学生等交流計画の日本サッカー協会推薦枠でかの地に1年間コーチ留学する。日本サッカー協会はスペインサッカー連盟とパートナーシップ協定を締結したけれど、まずは、メキシコのサッカーをお手本にすべきだな。日墨のサッカー交流が今以上に盛んになることを期待する。

雑感2 ギリシャ-韓国
ギリシャのパフォーマンスは、ちょっと期待はずれ。対する韓国は、ある意味予想通り。それにしても、朴智星。マンUでは水を運ぶ役に徹しているけれど、韓国代表では押しも押されぬ中心選手として存在感が光っていた。特に、前半中ごろに朴主永に通した長いスルーパスは見事だった。この決定機も決めきれなかった朴主永。この試合は、ちょっと外しすぎだったな。まるでどこかの国のストライカーたちを見ているようだった。

雑感3
アルゼンチン-ナイジェリア
さすが、メッシ&イグアイン。得点こそなかったが、この2人は巧者揃いのアルゼンチンの中でも存在感が際立っていた。彼らにいいカタチでボールが渡ったら、必ずビッグチャンスになる感じ。1点決めて波に乗ったら、この大会はメッシの大会になるかもしれない。
それにしても、メッシにイグアイン、さらにテベス。そんでもってあのミリートがベンチ。すごい攻撃陣だな…。

雑感4
アメリカ-イングランド
それまでFIFA未加盟だったフットボールの母国イングランドが初めてW杯に登場したときに、ガツン!と一発食らわしたのが、アマチェアの寄せ集めだったアメリカ。さて、今回は…、と見ていたらいきなりのイングランドの得点。アメリカが先制した方が面白くなると思ったんだけど、どうして、どうして、なかなか見ごたえのある試合となった。それもこれも、あのままズルズルといかなかったアメリカのがんばりのせいである。もちろんがんばりだけでなく、相応の実力があったのも事実。たいしたもんだ、アメリカ。
対するイングランドはいかにもイタリア人監督がつくったイングランドという感じ。あの強靭な男たちが、高く、早いプレスを忠実にこなしていた。三菱ダイヤモンドサッカーでイングランドのフットボールを知った世代からすると、イングランドには見えない(笑)。
イングランドの失点は、今回GKたちからやたらと不評の公式球「ジャブラニ」のせいか?低い弾道で放たれたシュートが石の水切りのように芝を滑っていったことがグリーンのファンブルを招いたように見えた。アルジェリア-スロベニアの決勝点もそう。ジャブラニは、無回転で飛んでくるときだけでなく、芝の上を滑ってくるときも要注意。あのツルツルの表面が関係しているのかもしれない。ジュリオ・セザールやカシージャスの公式球批判も分かるな。

いよいよ、今夜は日本の初戦。闘利王曰く、「監督の言う通りにやることも大切だけど、最後は自分で判断して、リスクを取ってでも点を取らないと勝てない。それがサッカー」。はい。それで、お願いしたい。



Feeded by morning star
【2010/06/14 19:40 】 Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

今夜、皇居での首相親任式、閣僚認証式を経て、菅内閣が正式に発足する。俺が初めて菅直人の名前を知ったのは、今から30年以上も前のこと。当時大学生だった俺は、彼の地元・武蔵野市に接した西荻窪に住んでいた。そのため、彼の国政選挙や演説会のポスターを良く見かけたものだった。

当時、彼は新進気鋭の若手政治家で、30歳そこそこの人が国政選挙に立候補するのかと新鮮に感じたのを覚えている。同時に、自民党をはじめ既成政党が幅を利かせていた時代だったから、市民活動あがりの彼が当選するのは難しいだろうとも思っていた。それだけに何度目かの選挙で彼が当選したときは、少々驚いた。

以来、新党さきがけの政調会長就任、橋本内閣での厚生大臣入閣、民主党の結党と代表就任など、彼の名前が世間で取り立てられるたびに、ポスターで見た若き日の彼の顔を思い出したものだった。その彼が、いまや総理大臣である。時代は変わるものである。

菅直人は、多分、日本で初めてサラリーマンの息子として総理大臣になった人間ではなかろうか。彼には、確固たるリーダーシップを発揮して、小泉―安倍―福田―麻生―鳩山と続いたボンクラ2世首相とは違うところを見せてもらいたいものである。



Feeded by morning star
【2010/06/08 17:50 】 Politics | コメント(2) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。