title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

俺はITの知識に疎い。にもかかわらず、ITシステムの管理者に任命されている。そういういい加減な会社なのである、わが社は。暦の関係で、世間は5連休。にもかかわらず、22日は、老朽化した社内サーバのリプレイスの作業日で、先に述べた立場上、立会いをしなければいけないことになった。5連休の途中で出社となると、大型連休の実感は微塵もない。

俺の役割としては、ただそこにいるだけ。これほど楽な仕事もないと思われる御仁もいるかもしれないが、まったくの門外漢が意味もなく連休中に出社して作業に立ち会う苦痛や徒労感を察して欲しい。もちろん、それに対する特別な手当てはない。とにかく、作業当日に会社にいるだけ。これほど意味のない「仕事」はない。

IT技術者と10時に待ち合せ、鍵を開け、彼らを会社に迎え入れる。サーバのある場所へ案内し、コーヒーを淹れる。あとは彼らに任すだけ。俺には、何もすることがない。やがて昼食時間となる。彼らはきりのいいところまでやってから、昼食をとると言う。失礼して、先に昼食をとらせてもらうことにし、会社を出る。しかし、普段弁当で済ませている俺には、昼食を食べに行くそれらしい目当てもない。

アテもなく休日の渋谷の街をぶらつきながら、ふと、24時間やっている呑み屋のことを思い出した。もちろんこんな時間に訪れたことはない。早速店へと向かう。店内には休日の昼間という状況にもかかわらず、そこそこの客がいた。昼間から酒を呑むというやさぐれたイメージに反して、客層は以外にまっとうである。買い求めてきたばかりの文庫本に眼を通している人や、なかには「五體字類」ではないかと思われる本を広げているかなりの趣味人と思しき人もいた。

まずは、ホッピー・セットを頼む。つまみには、串焼きと豆腐煮込み。串焼きは、カシラとナンコツのタレとタンの塩をそれぞれ2本ずつ頼む。どれも1串100円という値段なりの味なのだが、中でもナンコツの1串に刺さっている、あるひとかけらが旨い。ナンコツ特有のコリっとした食感のまわりにふんわりと柔らかい脂がまとわりついている。その部位だけで構成されていれば相当旨い1串になるのだろうが、あくまで1串のひとかけである。まあ、高級店ではないし、そこまでは言うまい。豆腐煮込みは、シロやハチノスなど複数の部位のモツと一緒に豆腐を煮込んだもので、300円。いける。ホッピーの「中」を2回追加し、いかげそ焼を追加注文。これでお会計は1,700円だ。安い。フレンチのプリフィクスのランチよりいいぞ。なんてったってこっちはフル・オーダーだ。煮込みを食べようと思ったら、割り箸がなかったのなんてのはご愛嬌のうち。

昼間からアルコールが入って、少しいい気分になった。こういう日でなければ許されないランチとなった。このくらいのご褒美があってもいいのではないかと、一人言い訳をしてみる。やりかけの仕事に少しばかり手をつけてみたが、ことのほかはかどった。これもスペシャルランチの効果だろうか。

この記事がきちんとアップされていれば、わが社のサーバリプレイスも無事完了したということだ。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2009/09/24 11:22 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

つい先日のことである。道を歩いていて不意に誰かに呼びかけられた…気がした。見るとそこには一人の中年男性が。ノーネクタイのワイシャツ姿に濃い色のスラックス、首からはIDカードをぶら下げている。そのあたりの外資系企業の社員か。もちろん、知り合いではない。

確かに声の主は彼であった。しかし、話しかけている相手は俺ではなかった。周りにも話し相手は見当たらない。独り言か?もう一度声の主を一瞥する。ああ、あれか…。どうやら彼は、携帯電話用のハンズフリーイヤホンマイクを使って、誰かと通話中のようである。少し前からこういう輩をちょくちょく見かけるようになった。一人でブツブツ話している姿は、本人がどう思っているかはともかく、傍目にはとても不気味に映る。

ハンズフリーイヤホンマイクの愛用者には、いくつかの共通点がある。まず、中年男性が多いこと。どういうわけだか、若者の使用者は少ないように見受けられる。次に、とてもではないがメカ通には見えないこと。多分、携帯電話ハンズフリーイヤホンマイクぐらいが、扱える限界なのではと俺はふんでいる。ひょっとすると、自らの限界に挑む大いなるチャレンジ精神の持ち主なのかもしれない。

そして決定的なのが、そもそもハンズフリー機能が必要そうではないこと。その証拠に俺が見かけたハンズフリーイヤホンマイクの使用者で、両手がふさがっていた人は一人もいない。それどころか、腕組みをしたり、顎に手をやったり、明らかに空いた両手を持て余している様子がうかがえる。

なあ、お前。それって要る?




Feeded by morning star
【2009/09/15 19:46 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

最近、本を買うのはもっぱらBOOK OFFである。それもほとんどが100円コーナーの本。当然、在庫は限られている。同じ人気作家でも、赤川次郎、落合信彦、志茂田景樹、西村京太郎あたりの著作は腐るほどあるが、それに比べると池波正太郎などの作品は意外に少ない。それぞれの作家の世の中での消費のされ方が見えて面白い。

BOOK OFFでお目当ての本そのものズバリが手に入ることは稀である。100円コーナーに限ればなおさらのことだ。俺の場合、読みたい本を買うのではなく、その日その店にある本の中から買う本を選ぶ。そういうことになる。

先週末も、暇つぶしを兼ねてBOOK OFFを覗いてみた。この店で前の週に何気なく買い求めた横山秀夫の『陰の季節』がことのほか良かった(『半落ち』や『クライマーズハイ』を凌ぐ出来だな)。100円コーナー縛りの本読みで、こういう「アタリ」に出会うとものすごく得をした気分になる。そんな背景があって、その日も横山秀夫の作品を105円でお買い上げ。横山氏には悪いが、彼の印税収入に何ら貢献することなく『動機』を手に入れた。

早速家で読み始めると、本に何かが挟まっているのに気づいた。本を買ったときに店員さんがサービスで挟んでくれる栞だ。もちろんBOOK OFFにはこんな気のきいたサービスはない。前の所有者が使用していたものがそのまま残っていたのだろう。何度も同じところから読み返してしまう俺にはありがたい。さらに4分の3まで読み進んだときのことだった。それは栞のような存在感もなく、あるページをめくると突然現れた。

旭屋書店水道橋店
2006年11月13日(月)18:54
文庫本一般 内  ¥539
小計         ¥539
内税対象額    ¥539
(消費税等内税  ¥25) 
合計         ¥539

お預り        ¥600
お釣り         ¥61


多分、この本の領収書だろう。本のカバーには「本体514円+税」と記されているが、5%上乗せすれば内税で539円くらいになるはずだ。金額的に合致する。買ったのは、横山秀夫の読者層から推測すると、水道橋近くで働く中年サラリーマン。買い上げ時刻から考えると、帰宅途中の電車で読むために購入したものか。横山秀夫の作品に登場する人物の多くがそうであるように、彼もまた組織の中でがんじがらめになりながら、自らの存在意義を賭して抗う一人なのかもしれない…。

推理小説やサスペンスなどを読んでいる途中で、不意にこういうものに出くわすと、何の意味もない紙片をもとに、これまた無意味な推理?邪推?妄想?してしまうことになる。






Feeded by morning star
【2009/09/07 19:03 】 Books | コメント(2) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。