title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

ここのところどうにも体調がすぐれない。最初に異変を感じたのは、先々週の月曜日3月24日のこと。朝から喉に痛みがあったのだが、夜になると食事も喉を通らないほどになってしまった。翌日になると、熱も出て、食事はもちろん、飲み物も受け付けないばかりか、唾を嚥下するのにも激しい痛みがともなった。病院へ行くと、喉が炎症を起こしており、扁桃腺の一部には膿も見られるとのこと。結局、抗生剤と喉を拡張する薬、痰を切る薬を処方され、2日ばかり会社を休んだ。木曜日からは、どうにか食事もできるようになり仕事に復帰したのだが、5日間分処方された薬を飲み切っても、わずかながら喉の痛みが残っていた。

そして、先週金曜日の朝のこと。喉の痛みがぶり返し、再び病院へ。今度は前回とは違う抗生剤を7日分処方されたのだが、夕方にはまたしても唾を飲み込むのも困難なほどにまで悪化。おかげでこの週末もまた、薬を飲むのにも四苦八苦するような状態で過ごす羽目になってしまった。

自覚症状を覚えてから14日間。俺はそのうちの約6日間食事ができなかった。症状が重かったその間、口にしたのは、処方された薬と、それを服用するための水、喉の痛みをこらえて無理やり流し込んだ栄養ゼリーとお粥、それに必要最小限の水分だけ。もちろん、酒も煙草も一切口にしなかった。というか、嗜めるような状態ではなかった。ここ数年、煙草に関していえば、禁煙の真似事で吸わなかった日も何日かあった。しかし、こと酒となると、一口も口にしなかったというのは10数年間来1日もなかったのではなかろうか。それがいきなり計6日間の断酒である。

とにかく、食事も、酒も、煙草も、とてもじゃないが口にしたいとは思えない状態なのだから、ダイエットや、禁酒、禁煙を志す人にはうらやましい状況だったのかもしれない。俺自身にとっても、むしろ、健康のためにはよかったのかも…?

冗談じゃない。やっぱり、好きなものがガンガン食えて、酒も煙草もおいしく愉しめる。それこそが、健康ということだ。食事も、酒も、煙草もない日々は、実に味気ないものだった。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2008/04/07 13:08 】 Diary | コメント(8) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。