FC2ブログ

title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

今週末、小学生の息子が、家族のために料理をつくってくれた。といっても、夏休みの宿題のひとつに過ぎないのだが。何でも、料理をつくってそのレポートを提出することになっているらしい。彼がつくってくれたのは、ほんの1、2週間前に参加した子供料理教室で教わってきたキーマカリー。俺の好物でもある。

彼がうろ覚えで覚えていたレシピを大雑把に紹介すると、みじん切りにしたショウガとニンニクを炒め、香りが出たところに玉ねぎのみじん切りを加えて、うっすらと透明になるまで炒める。さらにひき肉を加え、色が変わるまで炒めたらガラムマサラを加えて香りを出し、ホールのトマト缶と水を加えて煮込めば出来上がりということらしい。ま、それなりの味にはなりそうである。

ともかく、レシピがないので彼の記憶力だけが頼りである。そこは彼を信じて、家人と一緒に手伝いを買って出る。彼が「旨かった」というそのキーマカリーをぜひとも我々も食べてみたい。ショウガやにんにく、玉ねぎのみじん切りはフードプロセッサーでとのことだったので、これは俺が代りにやってしまった。フードプロセッサーなど持ち出されたら後片付けが面倒くさい。

こうして夕方から料理づくりに取り組み、あれこれ悪戦苦闘しながら、どうにか遅い夕食にありつけることとなった。さて、その仕上がりの方だが、…、味がない(笑)。息子に味見させてみる。「う~ん、違うな…」。当たり前だ。調味料を何ひとつ入れていないのだから。とりあえず、ブイヨンキューブを加え、塩・胡椒で味を整えてみた。これですこぶる旨いものに仕上がった。申し分ない。息子曰く、「そう、こんな味」。やれやれ。

食べながら息子に質問する。「この間つくったときには、ひき肉を炒めるときに塩・胡椒したり、水を入れるときにブイヨンとかコンソメを入れたりしていなかったか?もしくは、入れていたのは水じゃなくてスープか何かじゃなかったか?」。「う~ん…、そうかもしれない…」。これだよ。このレシピでも十分な旨みが引き出せるんだと、深読みした俺が馬鹿だった。そもそも、これまで我が息子の記憶が完璧だった試しはない。

ま、とにかくこれで彼の夏休みの宿題のひとつがやっと片付いた。その彼は、今ごろ自由研究の課題に取り組んでいるはず。夏休みも残すところあと3日。せめて一度でいいから、ゆっくりと夏休みの余韻を味わってみたいものである。


スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2006/08/28 17:31 】 Foods | コメント(6) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。