FC2ブログ

title:オヤジからのキラーパス

世の中には常識というものがある。が、世の中にはいろんな人がいるので、その範囲は結構広い。少しぐらい中心を外している方が、話としては面白いぐらいだ。ところがだ、これがいったん常識を超えると、激しい拒絶にあい、仕舞いには奇人扱いされかねない。

いつもの呑み屋でのこと。そのときの話題は、「目玉焼に何をかけて食べるか」ということだった。俺は醤油派。半熟の黄身に箸先でプツンと穴を開けて、醤油をタラ~リ。これを混ぜて白身のソースにして食べるのが俺のやり方。ご飯に乗っけて食っても旨い。やっぱり白米には醤油が合うしね。もちろん、ソース派という人もいる。ま、醤油上位のスタンスは譲れないが、そういう人も当然いるでしょう。ありでしょう。

話しているうちに、てんぷらをソースで食べると言い出した奴がいた。醤油派の俺には想像もつかなかった。ありえない!ところが…、ソース派のうちの何人かがありだと言う。自分もやると言う。それも揚げたてではなく、「残り物の冷たいやつに翌朝ソースをたらして食うのが旨い」などと見事にB級グルメに昇華させて自分の流儀を吹聴する。もちろん醤油派の俺は異議を唱えたが、逆に「一度食ってみろ」と約束させられる始末だ。で、後日試してみたが…、それなりに旨かった…。

その話題からは早々に退却して、「トンカツは?」と切り返してみた。もちろん少数派だろうが、必ず何人かはいる。やり返せるはずだ。ところが…。予想外の反応が返ってきた。みんな一様に「っ…!!」。つまり、トンカツはソース以外ありえないということらしい。てんぷらまで「醤油か、ソースか」という話題の対象になるというのに、トンカツは論外だと言うのだ。それには今度はこっちが、「っ…!!」。トンカツは、せいぜい「ウスターソースか、トンカツソースか」までが議論の範囲内だと言う。

揚げたてのカリカリの衣に醤油をたらして、練り辛子をチョンチョンとつけて…、サクッと噛めば、肉汁と醤油の旨みが渾然となって…。ああぁ、想像するだけで、涎が出てくるぅ…!ぐらい旨いのに。どんなにその旨さを力説しても周囲の目は冷たい。さっきまで醤油派として共闘していたやつまでが、距離を置こうとする。結果、俺は変人ということで、話はお仕舞い。

トンカツを醤油で食うことが、そんなに非常識な食べ方だったなんて…。まずい!うちの子供、トンカツをソースで食べたことないかもしれない。


スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2006/04/27 19:20 】 Foods | コメント(4) | トラックバック(0) |