FC2ブログ

title:オヤジからのキラーパス

先週末、家族と連れ立って花見に出かけた。行った先は、上野公園や新宿御苑、千鳥ヶ淵といった名所中の名所といわれるところではなかったが、折りしも桜は満開、天気も上々ということで、小さな公園ではあるがそれなりの人出があった。わが家族も公園の片隅にわずかなスペースを見つけ、シートを敷いて弁当を広げたのだが、中には、たった一人で大きなシートを広げている、ひと目見て場所取りと思われる“花見客”もいた。あの程度の公園ですら場所取りが必要なのだから、名所と呼ばれるところでは、その争いは相当激しいものだったに違いない。

そんな花見事情を反映したのかこんな事件も。上野公園のあるホームレスが、確保していた花見場所を第三者に1000円で譲ったことが都の迷惑行止条例第3条違反に当たるということで、逮捕されたらしい。もともと、この第3条は暴力団によるショバヤ行為を取り締まることを目的としたものだが、今回はそれをホームレスによる花見の場所取りにも適用したわけだ。法の下では、暴力団もホームレスも平等であるのだから、仕方がないといえば仕方がない。

一方、この記事では、毎年、公園管理事務所に「場所取りで金を取っている」という“情報”が寄せられていたことも紹介されている。つまり、ホームレスが手早く、手際よく場所取りをしてしまうので、「俺たちの場所が確保できない」という“苦情”があったというわけだ。今回の取締りもそうしたクレームに対応したものであることがうかがえる。

公共の場所を占有し、本来権利を有さない人間がその利用料を徴収するというのは確かに問題があると思えるが、場所の確保を代行する労力への報酬だと考えれば妥当なものであるようにも感じられる。俺にはその辺の法律論は分からない。

しかし、ホームレスが公共の場所を占有し、それを有償で譲ることに対してクレームを寄せる側の人たちは、自分たちが、年齢が若い、あるいは地位が低いという理由で、無償で花見の場所取りをやらせていること、やらされていることに関しては、問題がないと思っているのだろうか。

大勢の花見客でごった返す公園の中にポカリとあいた場所取りスペースを見ると、なんともしらけた気分にさせられる。青いシートの真ん中で一人飲みつぶれている若者を見ると、余計…。
スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2006/04/03 17:39 】 News | コメント(5) | トラックバック(0) |