title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

少年サッカーの大会があり、2チームをエントリーしたわがチームは、3週間にわたり2つのグループリーグをこなしてきた。おかげで大会が開催される日曜日は朝から夕方までグラウンドに張り付いているという週末が続いていた。

2チームエントリーするチームの多くが、ファーストチームとセカンドチームに組み分ける中、わがチームはA、B両チームともほぼ戦力的に均等になるようにチームを編成した。結果、2チームともグループリーグ敗退となったが、その内容は対照的だった。比較的対戦相手に恵まれたAチームはグループ3位ではあったが、強豪チームに大敗、格下チームに辛勝という締まりのない試合運びに終始した。一方のBチームは強豪チームがひしめく中、見事な食い下がりを見せ、敗れた試合の多くも惜敗であった。もちろん相手あってのことではあるが、気持ちの入っていないAチームがそれなりの成績を残し、意識の高かったBチームがグループリーグ下位に沈むのだから、フットボールとは皮肉なものである。そういえば大会期間中に、日本代表もアジアカップ準々決勝でUAEを相手に35本のシュートを浴びせながらPK戦で敗れている。フットボールの質が、必ずしも結果に結びつくわけではないのだ。

AチームとBチームの何が違ったのかをしっかりと振り返り、今後の指導に生かしていきたいと思う。普段の練習からの意識付け、練習内容、またその強度や難度のアレンジなど、まだまだ勉強したり、工夫しなければいけないことが多いと痛感させられた大会だった。春になれば、また新1年生という宇宙人が入部してくる。楽しみだったり、戦々兢々だったりする。

スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2015/01/26 22:40 】 Kids & Kids' Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

今週末は三連休が待っている。その翌週も飛び石の三連休があり、この時期にいろいろと楽しい計画を立てている人も多いのではなかろうか。俺はといえば、この間、計6日の休みのうち少年サッカーの練習試合が5日入っている。練習試合のお誘いは基本的に全てお受けすることにしているので、まれにこういうことが起きる。子どもたちにとっては試合過多に思えなくもないが、俺が今指導しているカテゴリの選手は三十数名。しかも、試合は8人制。全員を均等に試合に出場させようとすれば、試合の前後半で全員を交代させても、2試合やってようやく1人の選手がハーフ1本出られる計算になる。一見過多に見える試合数も、選手1人当たりにならすとそれでも少ないぐらいである。

たくさんの出場機会があるのは、子どもたちにとって非常にうれしいことである。むしろ大変なのは、試合が組まれるたびにさまざまな雑事をこなさなければいけない役員さんやお父さんコーチ、引率の保護者の方々だ。せっかくの休みなのに、朝早くから子どもたちのためにあれこれと尽力してくれる。クラブ運営が円滑に回っているのもこうした多くの人たちの支えがあってのことである。サッカーの技術だけでなく、こうした周りの人たちのおかげでサッカーができる幸せや感謝の気持ちを教えるのもコーチの役目だと思っている。

大変ハードな日程にも思えるが、試合のある5日間、毎日朝から晩まで試合が入っているわけではない。午前中とか午後のある時間からとか、スケジュールとにらめっこしながら、なんとか遊ぶ時間を捻出するのも楽しい作業だったりする。



Feeded by morning star
【2014/09/12 08:17 】 Kids & Kids' Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

この三連休中に、わが少年サッカーチームのU12チームが、地域の大会の準決勝、決勝戦を戦った。結果は準優勝に終わったが、近年にはない好成績を収めることができた。

このチームの中心となっている6年生は、俺が初めてU8チームを担当した時の1年生である。その当時は、試合になるとボールのある5メートル四方ぐらいのスペースにフィールドプレーヤが集中する、超プレッシングサッカー、といえば聞こえがいいが、凄まじいお団子サッカーを展開していた。練習では、身体を思った通りにコントロールする能力を養うコーディネーショントレーニングに重点を置き、戦術的なことはほとんど教えたことがなかったから無理もない。試合での指示も、「たくさんボールに触ってきなさい」だったし(笑)。それだけにその後の彼らの成長ぶりには感慨深いものがある。ちゃんとサッカーしていた。

今でも、U8世代の指導ではサッカーが上手になるためのベースとなる身のこなしの修得が中心だし、試合における選手起用も、上手な子もそうでない子も、全員がほぼ同じ時間出場できるよう心がけている。目先の勝敗にこだわらないというのは、言うは易いがなかなか難しいものである。負けず嫌いな人間にとってはなおさらだ。今回のU12の結果は、素直にうれしい!




Feeded by morning star
【2013/07/17 17:35 】 Kids & Kids' Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

ブログの頭に広告が乗っかってた。この前記事を書いてからもう1か月もたったのか。そんなに長く放置していたつもりはないのだが。なんだか時間が過ぎるのが早いな。これからは少しまめに記事をUPしていこう。



Feeded by morning star
【2011/08/23 14:28 】 Kids & Kids' Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

家の廊下においてある黒板に何か書かれていた。

「不朽の名作『天才の成分』絶賛発売中!」
そしてその横には汚い字で書かれた息子の名前が。

いつも黒板に落書きをしている娘に聞いてみた。
「なんだあれ?」「ああ、あれ。あれはお兄ちゃんが言ってたの」

何でも、中学3年生の息子が娘に向かって言ったらしい。
「俺は大人になったら本を書くよ。
内容はまだ何も決まっていないけど、タイトルは決まっている。『天才の成分』だ」。
それを聞いた娘が黒板に書きとめ、その横に息子がサインしたらしい。

おい。受験生だろう。妹相手にバカなこと言っていないで、とっとと勉強しろ。




Feeded by morning star
【2010/12/07 15:57 】 Kids & Kids' Football | コメント(0) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。