title:オヤジからのキラーパス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Feeded by morning star
【--/--/-- --:-- 】 スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |

ここのところ週末は少年サッカーの試合が入っていたり、野暮用に追われたりと、月1ペースでしか自転車で出掛ける機会を得ていない。幸いなことに先の日曜には午後から少しだけ時間ができた。自転車で遠いところまで出掛けていくには遅い時間だったので、夕食の材料の買い出しを兼ねて散歩することに。

目指すは、いつも煮込み用肉やスジ肉を調達しているショッピング施設。ここではかなりなお買得価格で国産牛の切れっ端や黒毛和牛のスジ肉が手に入る。煮込み用肉は、肉の成形作業をしてその時に出ている切れっ端を売ってくれるのだが、時には見事なサシの入った、黒毛和牛と思われる肉が混じっていたり、またある時には黒毛和牛ばっかりだったりもする。それでも、グラム当たりの値段は一緒。いわばルーレットみたいな感じなのだが、たとえハズレでもお得感は高い。とりあえず、こいつを買って、肉の内容を見て、肉豆腐か、カレーか、シチューでもつくろうかと。

この日は暖かく、半袖Tシャツにジャージを羽織っただけの姿でも、しばらく歩くと汗ばむほどだった。自宅は丘陵地帯にあるので、どこへ出かけていくにもアップダウンを繰り返すことになる。これが意外に運動負荷がある。それなりのスピードで歩くと、それなりにきちんとキツイ。

結局、500gほどの牛肉を買って帰り、カレーにした。この日は黒毛和牛の混入率はゼロ。本当は黒毛和牛をさっと煮て肉豆腐にして、そいつで日本酒でもやりたかったのだが。

ルートラボで歩いた道をトレースしてみると、距離は13.5km。歩数にして約2万歩。かかった時間は2時間半ほどか。自転車に乗って遠出できない時は、散歩もいいかもと思った次第。ウォーキングやランニングには無縁の俺でも、目的があれば歩ける。


スポンサーサイト


Feeded by morning star
【2016/12/05 22:17 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

随分と長い間、記事を更新していなかった。前の投稿が6月27日だから、もうかれこれ3カ月もの間、このブログを放置していたことになる。

その間いろいろなことがあったが、一番の出来事は親父が入院したことだろうか。これまでも検査や手術で何回か入院をしたことはあったが、今回のように突然でしかも1カ月を超える入院となると初めてのことである。その親父を見舞うため、先月下旬と今月の2回、四国へ帰省してきた。これまでは親父の方が所要があって出てくることが多かったので、俺が郷里に帰るのは10数年ぶりのことだった。

これまでの入院の際には帰省しなかったので、ベッドの上の親父を見るのは初めてのことだった。いつまでも元気でいるものと勝手に思っていたが、親父もそれなりの高齢者なのだという当たり前の事実にあらためて直面させられた。看病するお袋もやつれて見えた。一度のみならず二度までも、「お父さんに会いに、帰ってきてくれ」と言ってきた彼女もきっと心細かったに違いない。

帰省のついでに、古くからの友人たちとも会ってきた。長い間会っていなかったので、お互いの風貌の変化にはそれなりのものがあったが、何も変わっていないといえば何も変わっていない。かつて、何の憂いもなく明日だけを見て生きていられた時代もあったなと、懐かしい思い出に浸った。そんな我々の世代も間もなく還暦を迎える。それぞれが年相応の苦労を背負い、さまざまなものに抗いながら、懸命に生きている。

親父のこと、お袋のこと、友人のこと、そして自分自身のこと。あらためて立ち止まらされ、考えさせられた、日々だった。



Feeded by morning star
【2016/09/28 22:06 】 Diary | コメント(0) | トラックバック(0) |

またしてもうまい具合に時間の都合がついた先週末は、気ままに横浜をふらつくのんびりポタリングに出かけた。横浜といっても、みなとみらい21地区や山下公園あたりではなく、今回はそんな「ヨコハマ」とか「YOKOHAMA」ではないところをめぐってみることにした。

YBP
谷本川を下り、鴨居あたりから丘を越え、水道道路に。横浜方面に出るときのお決まりのコースである。途中、横浜ビジネスパークでひと休み。この日も蒸し暑い夏の一日となったので、水のある風景が心地いい。

松原商店街
横浜市街方面には向かわず、近くの洪福寺松原商店街へ。ハマのアメ横と呼ばれる激安商店街だ。不要となった段ボールをビニールのひさしの上に投げ上げていく名物八百屋。この日も、オヤジさんが見事なスローを見せてくれていたが、まだ午前中ということで積み上げられた段ボールはこの程度。

国道駅
旧東海道を行き、途中から国道15号へ。東神奈川、新子安、生麦を過ぎて、JR鶴見線国道駅に。改札へと続くガード下のトンネル。この廃墟感がたまらない。もちろん廃墟ではないのだが。

国道駅改札
どうやら、無人駅のようだ。

国道下
ガード下で営業している居酒屋。国道下?。正しくは国道駅下か(笑)

鶴見川を渡って、この日のお目当てである沖縄料理屋へ向かう。何でも潮田銀座商店街、仲通商店街周辺は、沖縄出身者が多く住み、沖縄料理店もたくさんあることから、「リトル沖縄」と呼ばれているらしい。

ブラジル料理
実際に行ってみると「リトル沖縄」というほど沖縄料理店が密集しているわけではない。ある広いエリア内に沖縄料理店が数多く点在しているという感じ。しかも、南米料理店や国籍不明のカフェなどもちらほらみられ、沖縄一色というイメージではない。

沖縄料理
お目当ての店はすぐに見つかった。が、なんと想定外の行列。ここの沖縄そば、旨そうだったので楽しみにしてきたのだが。

沖縄料理2
すぐ近くの第二候補の店に向かう。しかし、こちらにも行列が。まさか、行列ができるほどの人気エリア、人気店とは思ってもみなかった。この日のメインイベントに据えていた目論見がもろくも崩れる。少し待てば何とか入れるという感じでもなさそうなので、仕方なくエリアを後にする。

結局、鶴見駅付近のオリジン弁当でおにぎりを買って、鶴見川べりで昼食に。そのあと川を遡上して、食べそこなった沖縄そばのことをうじうじ考えながら帰宅。家を出てから帰るまで、頭の中を沖縄そばが廻っていた約60kmのポタリングだった。いつの日かリベンジを果たすか、はたまた別の沖縄そばの名店を探すか。ポタリングを終えても、沖縄そばが頭から離れない。

鶴見 2016.6.26(SUN)

走行距離 58.92km





Feeded by morning star
【2016/06/27 22:35 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

小田原まで自転車で出掛けて行った日。帰りは、輪行するつもりで、輪行袋をはじめ諸々の用意をしていった。輪行とは、自転車をパッキングして他の交通機関で運ぶこと。つまりは自分で自転車をこがずともドラクエのルーラのようにビューンと一足飛びに移動ができるのだ。

小田原駅構内に入る前に、人通りの少ないスペースを見つけて輪行の用意を始める。ブレーキとリムの固定を解除して、前・後輪を外す。あっという間である。外した前・後輪はベルトでフレームに固定する。

買ったばかりの輪行袋を地面に広げ、自転車をセットし、輪行袋のチャックを閉める。…と、閉まらない。どうやってもスタンド部分がはみ出してしまうのだ。普通ロードバイクにはスタンドなんてついていないし、輪行袋はそんな余分な存在のことなんて考慮していない。ところが俺が乗っているクロスバイクはスタンド付き。盲点だった。各鉄道会社の輪行規定では、自転車を専用の袋に入れて完全に包むことと定められている。たとえスタンド部分だけであろうとアウト!なのだ。

それから輪行袋と格闘した10数分は、結局どうあがいても納めきれないと確認するだけの無意味な時間だった。仕方がないので、スタンドを外して収納しようと携帯工具セットを探す。が、ない!!サドルバッグに入っているものと信じ込んでいたのだが、見当たらない。地面に持ち物すべてをぶちまけて探してみたが、やはりない。バッグから出した記憶はないのだが…。

「仕方がないから、自走して帰るか…」。いやいや、ハナから帰りは輪行のつもりでいたので、いまさらそんなこと言われても、とてもじゃないがその気になれない。「近くの自転車を探して道具を借りるか…」。それも億劫だし、面倒だし。しばし、呆然と立ち尽くす。

輪行2
結局は、フロントフォークの保護用に持ってきていた、100均で買ったニットの椅子脚カバーをはみ出したスタンド部分にかぶせてこの事態を凌ぐことに。右側に尻尾のように出ている白黒の縞模様の部分がそれだ。これでも輪行規定には即していない。あとは駅員さんが見逃してくれるかどうかだ。ダメといわれれば、もう一度自転車を組み立ててサイクルショップを探して、スタンドを外すしかない。

結局は、改札を抜けるときも、ホームで駅員に停車駅を確認したときも、車内の車掌巡回の時も、おとがめなし。利用客が少ない時間帯だったので、お目こぼしにあずかったのだろうか。幸い小田原から町田まで、俺が乗り込んだ電車の最後尾車両の席は、半分も埋まることはなかった。

無事町田に到着して、自転車を組み立て、再び自走して帰宅。はじめて輪行するならば、当たり前のことだが、事前に一度は輪行袋への収納を予行しておくべきだった。というわけで、はじめての輪行は自らの不備、不手際のせいで「違法」だった。「違法」ではないが「不適切」だったアイツよりダメじゃん、俺。

小田原 2016..6.11(SUN)





Feeded by morning star
【2016/06/20 22:21 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

江の島 
1カ月ぶりに自転車で遠くまで出かける機会を得た。まずは、1カ月前も訪れた江の島まで出る。まだ時間もたっぷりあるし、もう少し先まで足を伸ばそう。海沿いの湘南海岸サイクリングロードを行く。コース上ところどころに砂が浮いていてサイクリングロードという割には走りにくい。実際に、自転車に乗っているのは近隣のサーファーぐらい。それでもどうにかサイクリングロードの終点まで走り、相模川を渡る。

太平洋自転車道 
相模川を渡ると、平塚。ここより先を自転車で走るのは初めてのことだ。ほどなく、大磯港に到着。太平洋自転車道入り口の標識が見える。

太平洋自転車道2 
自転車道は西湘バイパスの上側を並行して走る。景色もよく、気持ちよく走れる。が、2kmちょっとで途切れてしまう。海沿いを走るサイクリングロードをつないで、鹿島から紀伊半島までを結ぶという壮大な構想の下に整備が進められている太平洋自転車道だが、貫通まではまだまだ時間がかかりそうだ。

吉田茂邸 
サイクリングロードの出口を先へ進むと国道1号に突き当たる。右手に旧吉田茂邸跡につくられた公園の入り口が見える。急ぐ旅でもないので、寄り道することに。バラ園を抜けて進むと、サンフランシスコ講和条約締結を記念して造られたという兜門、別名講和条約門が迎えてくれる。この奥に広大な日本庭園が広がっている。

吉田茂像 
敷地内を奥まで進んでいくと、太平洋が見渡せる小高い丘に吉田茂像があった。吉田邸は再建中とのことで見ることができず。

ガラスのウサギ像 
さらに進んで二宮まで来ると、駅前に「ガラスのうさぎ」の銅像が。二宮駅には一度降り立ったことがあるのだが、駅前のたたずまいが以前と変わっているようなのは、気のせいか、記憶違いか。

小田原城 
国道1号を西進して国府津を越え、酒匂川を渡り、小田原に到着。小田原城は大規模な改修を終えたばかりだそうで、そのせいだろうか観光客の姿が多く見られる。

守谷パン 
小田原の街を自転車でブラブラ。人気のパン屋?行列ができている。

だるま料理店 
こちらの料理屋にも行列が。なんでもこの雰囲気のある古い建物は、登録有形文化財に指定されているそうだ。

ういろう 
こちらの城郭建築風の建物は、ういろう本店。ういろうといえば、名古屋や山口のものが有名だが、ここがそもそもの発祥となるらしい。

早川港 
早川港。港の駐車場の入り口も、近隣の料理屋さんの入り口も、行列だらけ。小田原って、けっこう集客力のある人気観光スポットなんだと再認識。料理屋さんの海鮮丼やら、刺身定食やらもすっかり観光地価格だし。

このあと、小田原駅まで戻って帰宅することに。街をあちこちめぐってここまで約80km。お堂で講話が行われていたため王宝寺で五百羅漢が観られなかったのは残念だが、お目当てのラーメンも食べたことだし、自転車の旅を終えて小田急線で町田まで輪行することに。生まれて初めての輪行だったが、問題なく事が運ぶはずと高をくくっていたのだが…。




Feeded by morning star
【2016/06/16 22:30 】 Pottering | コメント(0) | トラックバック(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。